青野健美術館への道

わき目ふりふり
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

渓流魚Tシャツ

魚Tアップ

3 janaese trouts draw on T-shirt by Ken AONO.

 

渓流魚というと、あーアユですか。と聞かれることが多いです。

それは清流です。渓流ってもっと河の奥です。

 

生前、青野健は解禁になると、万年自称55歳の遊魚券を背中に

つけて、街で見られる歩みとは見違えるほどの軽やかさで渓へ

下りて行ってました。

 

うちにはアイスクリーム屋さんが使うような冷凍庫があってそこには

イワナやヤマメやアマゴが貯蔵されており、焼いたり、骨酒作ったり

して、春には蕗味噌をつくって一緒に楽しんだりしていました。

 

普通の白シャツに3尾の渓流魚を描いてき着ていたのが、かっこよくて、

オリジナルTシャツを作ってみました。

ぺたっとシールみたいなのは嫌、生地は速乾性がいい、などなど

こだわってつくったTシャツがまだ数枚在庫があります。

 

サイトでの販売価格は¥5000+送料ですが、このブログを見て

気に入ってくださった方に¥4000(税金、送料込)でお譲りしようと

思います。

ご連絡は(有)ケンオフィス 青野佐知子まで

お気軽にお問合せください。

携帯090−8116−7948

固定0742−48−6522

メール ken-office@mvc.biglobe.ne.jp

 

魚T全体

魚T生地

The material of T-shirts. Polyester100%

 

サイズ M 胸囲88-92cm  身長160-170cm

          L   90-98cm          170-180cm

          LL  96-104cm        175-185cm       

 

青野健の言葉をかりると。。。みなさん、ヨロピク!!

kenの小話 | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | - | -

慈雲忌


Plum blossoms are blooming. It smells good!


今日は青野健生誕85年です。
絵描きとしてはまだまだ活躍できる歳ですね。
亡くなった時からどんな年月が経っても、一緒に過ごした時間は
色褪せることはありません。
それでも過去に縛られず前に向かって歩んですね、私たちは。



The lantern drawed by Ken Aono at Cherry festival besides Akishino river in Nara pref. more then 10 years ago.


写真を整理していたら、10年以上前に奈良、秋篠川沿の桜祭りに寄せて描いた
青野健のランタンがでてきました。
夜になって火が灯ってから一緒に見に行きました。
川沿いに桜を見ながら、どこにあるのかなぁと。
ボケていますが、その時を切り取った思い出の一枚です。
そろそろまた青野健回顧展しよう。。。
kenの小話 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

アニバーサリー


Thank you very much Miki from the bottom of my heart.

干支が一回りし、赤いものが私のところに巡ってきました。

何とも言えない気分。
どちらかというと、開放的な気分ではなく神妙。
東京に来ていてスケジュールをこなす中、アニバーサリーを迎えました。
図々しい私は一緒にお祝いしてほしいとあるレディに無心しました。
完璧な昨晩。何から何まで。
世の中には、信じられないことが起きるものです。
ただただ有り難く、さらに自分は人に対して何ができるのだろうと
考えさせられました。

なかなか大人になれません。
悩みはますます深く。
現実に打ちのめされることも多い。

心に響く言葉を寄せてくださった方もいらっしゃいます。
新しい局面に奮起する。
そうですね、やらずにへなへなしている場合ではありません。

確かに、人生の舵取りは簡単ではないけど、
叱咤激励してくださる方々を思い浮かべながら、
毎日一歩一歩前進します。
言ってしまいましたっ!
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

リモンチェッロ


Limoncello....it is not like normal one. Because I couldn’t use Wodka of Poland...I can drink in one week.


イタリアのお菓子の本が半額になっていて、思わず買ったら
黄色いリキュール、リモンチェッロの作り方が書いてあった。
あのレモンの香りのする甘いお酒。
アルコールはホワイトリカーしかなかったので作った。
第1段階の仕込みから一ヶ月。
シロップを作り加えて24時間。
そして今日、漉しながら瓶詰めした。
えっと、何かが違う。
綺麗な黄色いで、白濁していない。
グーグルで調べてみたら、なんとポーランドのウオッカを使うのだそうだ。
あと1週間でのめるのだけど、
なんか、こう、
リモンチェッロじゃなくて、レモン酒みたい。
梅酒と同じ果実酒か。嗚呼。
「う」のもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

カトラリーレスト


Finally I had bought cutlery rest like long one!!


箸置きは箸だけだから、形状は自由だ。
素材が違う、晴れの日用、普段用、凛としている、心ながむ等々。
それはそれでコレクションしていた時期があった。
そして、フォークやナイフを置くカトラリーレストはなかなかでごわい。
納得いくものが見つからなかったのである。
韓国のスッカラとチョッカラを置くレストは素敵だ。
スプーンの方は楕円形に削られていて、箸のほうは帯状に削られている。
これに無理くりスプーン、ナイフ、フォークを置いていたが、なんとも窮屈だ。
おまけに箸を足したいとなると、もうお手上げだ。
もう、レストは使わないでと思ったこともあるが、意地になってしまった。
アマゾンで見ていると、イタリア大理石の長いすっきりしたながあった。
京都の街中では陶器製のシンプルなものがらあった。
最後の一押しが決まらない。
以前行った琵琶湖畔のイタリアレストランのカトラリーレストは良かったな。
と思い起こしていたら、なんと、あれに箸置きスペースを設けたものを見つけてしまった。
エンである。ポチッと買ってしまった次第。
実際は、存在感あるカトラリーレストで他とのバランスどうなるのよ、
という感は拭えないが、ま、いい。
これで頭から長いカトラリーレストの呪縛が消えた。
あまり物欲は無くなったと思っていたが、まだ、こだわりは生まれてくるんだな。
やれやれだ!
お気に入り | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

青野馬左奈の絵


Non title / 70x42cm Masana Aono
I’ve been to Seiganji temple in Osaka for pick up this artwork of my father in low today.


数日前の一本の電話。
義父、青野馬左奈と、亡夫、青野健のゆかりの方からでした。
マダムCはいずれ家移りされるとのことで、
マダムのご両親に贈られた作品をお返ししたいと。
捨てないで、こうやって丁寧にご連絡いただけて、とても有難い。
ウチには馬左奈さんの大きな作品はないから、ドキドキしながら
車を走らせました。

あー、確かに義父の作品です。
立派な額に入ってずっしり重い作品はずっとお寺に飾ってあったそうです。
エアクッションに巻いて、我が家についた作品は、広い展示場所を欲しがっています。
ですが、今晩は義父や健がわらわらと作品の周りにでてきて、
しばしの作品談義をするのではないかしら。
一枚の絵が新たに人を繋いでくれました。

今また、馬左奈さんや、健さんに会いたい。
親子で絵を描くのに夢中になっちゃって、
鍋の有頭エビがからからになった日がまるで、昨日のことのようです。
重い作品を運んでくれたロベルトにも感謝。ありがとう。
青野馬左奈 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

リモンチェッロ


10pcs Lemons for Limoncello?


これどうやって作るんだろう。
やってみよう、という好奇心がムクッと湧く時があります。
今まで印象的だったのが、
味噌、塩麹、おせち料理、うどん、バター、ポン酢、昆布佃煮、
ブフブルギニヨン、ボルシチ、クジョルパン、オミジチャ、
キンパ、サムゲタン、清蒸鮮魚、カニ爪フライ、
赤いルバーブジャム、スジョンガ、アイシングクッキー、
パスタ、梅干し(これは今だに上手くできない)
燻製各種、ビール、桜餅、豆腐、サングリア。。。
きりないです。そして昨日半額で手に入れたイタリアのお菓子の本に、あの黄色くて甘いリキュール
リモンチェッロLimoncello の作り方が載っていました。

ムクッと好奇心がたちました。

なになにコツはなるべく無農薬で、レモンの皮は薄く剥くと。



This is first stage. I will put Syrop 30days later.


10個分のレモンの皮を剥いて、ホワイトリカーにつけました。
30日後にグラニュー糖でシロップ作って、加えしばし待つだけみたいです。
あー楽しみです。
美味しくできるように、ピアノの下の梅酒の甕の横に置きました。

お菓子作らないで、リキュール作った私は、お?と?な、です。笑笑
「う」のもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

焼き蟹と初詣


Madam H invited me the crab dinner at her home. She prepared a lot of crabs for grille and hot pot!


お正月らしい豪華な食事をしていなかったら、蟹ディナーへの
お誘いがありました。
取り寄せてくださった蟹はちゃんと切れ目をいれてありました。
出刃庖丁でするのよ。
と普段から上品なマダムHが仰っるのがギャップを感じました。
身がたくさん入って、甘い。なにも付けずにそのままいただきました。
お腹いっぱい焼き蟹食べたあとは、蟹鍋。
はち切れんばかりのお腹でしたが、メロン、イチゴ、アイスクリームまで平らげてしまいました。
こういうおもてなしができるよう、私もしっかり働かないとと思った次第。



Kasuga shrine in Nara


前日の決心を心に本日は奈良の春日大社へ初詣に参りました。
慣れた道、慣れた駐車場、慣れた近道。
青野健と結婚した時にお祓いをしていただいて以来、
ここが私の氏神様です。
新車を盗られたときも、お参りして帰宅したら、ありましたと連絡あったし。
何かの折にはお参りしています。
今日は結婚式もしていて、明るい境内でした。
それにしても中国人観光客が多いこと。
朱塗りの鳥居に寄っかかって寝るのはやめてくださいね。。。



The lanterns and young deer in shrine.


長い時間をかけてそこにあり続ける場所は
神社仏閣に限らず、人にパワーを与えてくれますね。
破魔矢を握りしめて、冷たい空気の中駐車場に向かう私は
さっぱりした気持ちでした。
神さまありがとうございます!
「う」のもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

薔薇の植替えと剪定


Replanting and pruning of my roses.
I’m thinking about whether to cut a little more....


薔薇の植え替えを昨日しました。
2月にするもんだと思っていましたが、
私の薔薇の先輩先生、のぶちゅんが、今月やっても大丈夫って言ってくれたので、
そりゃ2月のめちゃくちゃ寒い中するよりいいや、と決行したのです。
仕事が忙しくて、2年ほど植え替えをしていなかったけれど、
我が愛娘たちは、病気にもならず、幼虫も呼ばず、
すくすくと根が育っていました。
根が育っていると、心が踊ります♪
根切り包丁で、エイやと根を半分ほど切り落とし、
新しいふかふかの土に入れ替えていきます。
初めはこの鉢形にすぽっと抜いた根を切るのが勇気がいりました。
大丈夫なのかなぁ。痛くないかなぁ。
ロングヘアを切って、髪の毛を綺麗にするのと同じもんやと思ったら、
案外大ナタふれるものです。
時間をかけないのが、思いやり。

今回初めてトライしたのが、ゲンコツという究極の選択。
もう枝はかれていたのだけど、根がまだいけそうだったので、
全ての枝を払って、根元だけゲンコツの状態にしてしまうもの。
これでまたふっかしたら嬉しいです。
8年前に薔薇を始めた時に購入した苗。
カフェという名のアプリコットブラウンの大好きな香りの薔薇。
簡単には諦められません。
のぶちゅんが、こーしてたな。私もやってみようっと。
今、3本の薔薇苗を注文していますけど、その中にはカフェも入っています。
ベランダという限られたスペースは、いろいろ試しつつ、
きっと生涯そばに置きたい薔薇が数鉢残るんでしょうね。

ピンポン?

今、薔薇が届きました。
どれかしら、楽しみです。
早く鉢に移してあげましょう。

寒いけど、暖かい日差しも降り注いでいますね。
ではごきげんよう。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

飽食のオトシマイ


I went to a supermarket far away by walk
and came back by walk with rice of 5kg and so on.


昨年のクリスマスイブから今まで、かつてないほど食べ、飲み、
そして動かなかった。
こんなに身体に悪いことはないではないか。



Women from South Africa, Japan and Italy.


誰と写真撮っても、我が顔がお月様のゆうにまん丸だ。
食べるの好きやしぃ。と言っている場合ではありませんね。
そこで昨日、往復1時間超かかるスーパーマーケットへ
リュックサック背負って行って来ました。
米5kgといろいろを詰めたら、なんて重いんでしょう。
しかも、最後の坂がかなり急勾配であるのを忘れていました。
帰宅したら足がふわりとしている。
こんなに運動不足だなんて、ショックだ。
そこで今日も銀行や買い物を兼ねて、隣町まで行ってきました。
昨日よりは調子いいです。

恥も外聞も捨てて、ダイエットしないとね。
こんど彼らと一緒に写真撮るときは、せめてちょっと楕円形になってないとね。

ヤングでナウ(笑笑)が今年のテーマですから、気にして行きましょう。
亡夫も言ってたな。

はっちゃん、もうええかげんええデ。
やー、青野健は先見の明があったな。
え、そんなことじゃないって?
わかっますとも。
「う」のもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -