青野健美術館への道

わき目ふりふり
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

薔薇の植替えと剪定


Replanting and pruning of my roses.
I’m thinking about whether to cut a little more....


薔薇の植え替えを昨日しました。
2月にするもんだと思っていましたが、
私の薔薇の先輩先生、のぶちゅんが、今月やっても大丈夫って言ってくれたので、
そりゃ2月のめちゃくちゃ寒い中するよりいいや、と決行したのです。
仕事が忙しくて、2年ほど植え替えをしていなかったけれど、
我が愛娘たちは、病気にもならず、幼虫も呼ばず、
すくすくと根が育っていました。
根が育っていると、心が踊ります♪
根切り包丁で、エイやと根を半分ほど切り落とし、
新しいふかふかの土に入れ替えていきます。
初めはこの鉢形にすぽっと抜いた根を切るのが勇気がいりました。
大丈夫なのかなぁ。痛くないかなぁ。
ロングヘアを切って、髪の毛を綺麗にするのと同じもんやと思ったら、
案外大ナタふれるものです。
時間をかけないのが、思いやり。

今回初めてトライしたのが、ゲンコツという究極の選択。
もう枝はかれていたのだけど、根がまだいけそうだったので、
全ての枝を払って、根元だけゲンコツの状態にしてしまうもの。
これでまたふっかしたら嬉しいです。
8年前に薔薇を始めた時に購入した苗。
カフェという名のアプリコットブラウンの大好きな香りの薔薇。
簡単には諦められません。
のぶちゅんが、こーしてたな。私もやってみようっと。
今、3本の薔薇苗を注文していますけど、その中にはカフェも入っています。
ベランダという限られたスペースは、いろいろ試しつつ、
きっと生涯そばに置きたい薔薇が数鉢残るんでしょうね。

ピンポン?

今、薔薇が届きました。
どれかしら、楽しみです。
早く鉢に移してあげましょう。

寒いけど、暖かい日差しも降り注いでいますね。
ではごきげんよう。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

飽食のオトシマイ


I went to a supermarket far away by walk
and came back by walk with rice of 5kg and so on.


昨年のクリスマスイブから今まで、かつてないほど食べ、飲み、
そして動かなかった。
こんなに身体に悪いことはないではないか。



Women from South Africa, Japan and Italy.


誰と写真撮っても、我が顔がお月様のゆうにまん丸だ。
食べるの好きやしぃ。と言っている場合ではありませんね。
そこで昨日、往復1時間超かかるスーパーマーケットへ
リュックサック背負って行って来ました。
米5kgといろいろを詰めたら、なんて重いんでしょう。
しかも、最後の坂がかなり急勾配であるのを忘れていました。
帰宅したら足がふわりとしている。
こんなに運動不足だなんて、ショックだ。
そこで今日も銀行や買い物を兼ねて、隣町まで行ってきました。
昨日よりは調子いいです。

恥も外聞も捨てて、ダイエットしないとね。
こんど彼らと一緒に写真撮るときは、せめてちょっと楕円形になってないとね。

ヤングでナウ(笑笑)が今年のテーマですから、気にして行きましょう。
亡夫も言ってたな。

はっちゃん、もうええかげんええデ。
やー、青野健は先見の明があったな。
え、そんなことじゃないって?
わかっますとも。
「う」のもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

三賀日 in Japan

190101ozono

1st January  This is traditional soup with rice cake(Ozoni)

in Tokyo style.

 

あけましておめでとうございます

本年もどうぞよろしくお願いいたします

 

さて、大晦日に買い込んだ食料品でこの三日間、一歩も外に出ず

うちにいます。初詣は人ごみが苦手でずっとあとになります、いつも。

お雑煮の写真をインスタにあげて、フェイスブックに連動させたら

もうブログ書いた気になっちゃって。。。

あれあれというところで、ブログに戻ってきました。

 

 

190102ozono

2nd January This is also Ozoni in Kyoto style.

 

 

一日、二日とお雑煮の画像をアップしていました。英語表記を

打ち間違えてOZONO オゾーノとしてしまい、それに気付いた

友人・けんちゃんと正月からゴキゲンなチャットができたり、

京都郷土愛の友人・ピー大さんが白味噌雑煮を京風と単純に言う

のはいかがかと一家言あったり、雑煮だけでこれだけ盛り上がった

正月もありませんでした。

 

2年まえから年賀状を失礼しています。青野健が生きていたころ、

毎年3000枚超の年賀状にありがたく嬉しくもあったのですが、

その対応に追われて、年賀状のありかたにも疑問をもち、それで

ご無礼千万を承知でやめてしまいました。ごめんなさい。

そのかわり、1年のどこかで近況報告かねてお便り出そうと考えて

います。昨年の11月にはこれから私が頑張っていこうと思うことを

お知らせさせていただきました。

 

info400

 

これですね。そんなにちゃちゃっと前に進まない。というのが

現実です。

ばりばりやってまーす。とかっこよくはいかないのです。

私は粘り強い、でもあきっぽい、面倒な性質をもっていますが、

せいぜいあがいみます。先ほど書きました、けんちゃんとの

チャットの中から拾いまして、今年の座右の銘は

「ヤングでナウ」

に決めました。平成が終わり、5月からは新年号になるわけですが、

生まれおちた昭和に敬意を表して、「ヤングでナウ」で参ります。

けんちゃん、さんきゅぅ〜!!

 

三賀日を寝坊と三色しっかり食べ、動かない、ちょっとだけ仕事

する(1日2時間ぽっきり、嗚呼)を過ごしています。

イタリアでクリスマス三日間の飽食、そして今。反省はない。。。

 

 

190102curry

Curry with vegetables which was used for Ozoni!!

 

 

昨晩のお雑煮に使う野菜でカレーも美味しかった。

で、決心したんですけど、このあと往復1時間かかるスーパーマーケット

へ歩いて行こうと思います。

それでたくさん運動した気になってしまうヤングな私です。

あ、そうかあとじゃだめですね。行くのはナウにしないと。

おあとがよろしいようで。

「う」のもの | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

2019謹賀新年


Happy New Year!!
I play for everyone’s happiness and health.


あけましておめでとうございます
皆さまのご健康とご多幸をお祈り申し上げます


大晦日の昼近くにイタリアから戻りました。
帰宅して、バラに水をあげて、そのまま買い出しに行きました。
座ってしまったらアカンと言い聞かせて。


Dinner with Member of One day for fitness .


少し時間を戻して帰国前夜。
今のイタリアの息吹きを伝えられるかもと、アレッサンドロの活動を
日本でできるかと可能性を探っています。

散らし寿司、肉うどん、フライドチキンでディナーをして、そのあとたくさんの種類のアルコール。。。
えらいこっちゃ。普段飲まないのでね。 one day for fitness に興味ある方はこちらを覗いてみてください。
www.onedayforfit.com



そして翌日の早朝には車から道から凍っている中をバス乗り場へ送ってもらう。


7:00am everything is frozen!


日本のリムジンとは、到着時間も荷物の扱いもアバウトです。
それでも最後は辻褄を合わせてしまう、イタリア人気質なるものを体験しました。


I bought some groceries and my friend gave me wine & espresso cup.

なんと一週間も滞在して食べ物ばかり(市場でカーテン布?2000位はあったわね)買っていました。
食いしん坊極まれり!

あ、空港でボッテガヴェネタのキーホルダーは買いました。
世界で一番安くなっていました。これほんと。
私はもう20年以上同じキーホルダーを使っています。
これは三代目。
昔、シンガポールに赴任する前に、会社の先輩が私を渋谷のヴィトンに
連れて行き、長財布をプレゼントしてくれました。
さっちゃん、毎日使うものはいいものを使いなさい。
その教えを守って、長財布も三代目。
私はブランド志向ではないけれど、働いて、機能的であり、
美しいものを側に置くのは好きです。
今日、新しい年を迎え、武者震いしています。
私は怖がりで安定が好きですから。
でも、今は先の見えないことを楽しむんだ、何でもやるんだ、という思いです。
時に辛いことがあっても、友人たちに助けられ歩んで行こうと
そう、思いを新たにしています。
えいえいおー!
お気に入り | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

観光散歩!


Valentino park in the morning




トリノにいる間なにもしないんです。
と、言い切りましたが、一箇所だけ行きたいところがありました。
市内を流れるポー川に沿って広大な自然公園があります。
ヴァレンティーノ公園。
その中に中世の村を再現したところがあると。入場無料だと。
行かないテはありません。
前にもきているけど、そこは通り過ぎてしまったのです。
始めは全く違う方向に歩き、もう一回車に乗り直し、目視で車を停めるというやり方。
なんかこう、イタリアにくるとちゃっちゃとしないんですね。
日本人はいろいろ下調べとかするけどそれはない。
ま、連れて行ってもらっていますので、それも楽しむとしましょう。



A village of middle century. But it is not real one.


寝坊が基本だと言いましたが、この日は8時にスーパーマーケットに買い出しに行き、
公園内をたくさん歩いて、新鮮な空気をたくさん吸いました。
わーい、観光だ。
その後は用事に付き合ってから、お世話になっているロベルトの
ご両親にボンゴレパスタと、ムール貝の香草焼きを振る舞いました。

今晩は、少し仕事かねて、ちらし寿司、肉うどん、フライドチキンで
パーティを友人宅で開きます。
なにせ暇ですからね、1日かけて、ちょっと用意しては、
誰かをピックアップするというのんびりしたもの。
さてと、そろそろチキン揚げるかな。
明日は早朝のバスでミラノの空港へ行き、帰国の途につきます。
バスは初体験。
お父さんがチケットをパソコンからとってくれました。
これがまた、スムーズにいかず、こんなことで親子喧嘩しています。
やれやれ、イタリアは熱いな。
風景 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

三が日開け


Simple homemade dinner is most healthy. Homemade wine made me drunk a lot....

あの子豚の丸焼きとか、大量の食事は何処へ行ったというほど、三が日開けは日常に戻ります。
そりゃそうやね。あのまま行くと、飛行機の扉に身体がひっきりそいだたもの。


Walking open market. I bought a material for curtain to my kitchen window.


散歩しないと。。。
行きつけのバールのとなりが毎週市が立つようで、やってきました。
その前にクラウディオのバールでコーヒーを頼む。
ちょっとイタリア語使っみたら、クラウディアがお代をとらない。
いいんだ、アモーレ?
やー、イタリアだな。
もちろん、ロベルトの友達だから私にも特別にしてくれているんです。


午後からはデザイナーのシンディのお家で、彼女のママであり、
南アフリカから駆けつけた私のチャット友達、ピンキーと過ごす。
女3人のおしゃべりはつきず、あっという間に夜になり。
近くの食品店で買い物して、ウチまで送ってもらいました。
この日の晩御飯は、ロマネスコ(日本でも見かけますね)のサラダとスープたくさんのパスタ、エトセトラエトセトラ。
いつもありがとう、ローザ。
ではまたね。
風景 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

Buon Natale イタリアのクリスマス


Thanks to the family fantastic, I could enjoy warm and silence Christmas time.

北イタリアのトリノに来ています。
毎年、年末はここで過ごしていましたが、今年はクリスマスに来ることが出来ました。

母の容体のこともあり、直前までどうなるかわかりませんでしたけれど、来ることができました。

イタリアのクリスマスはイブから26日までは日本の三が日みたいです。
家族、親族、お友達とたくさんの人と食べて食べて飲んで飲んで。
そして朝寝坊。
これだけです。


あとは、バールで朝からスパーリングワインを飲みます。
私はアルコールに弱いからこれは危険ね。







久しぶりに会うひとも、初めて会う人も互いにクリスマスを祝いおしゃべりをします。


忘れていたものがここにありました。
さもないことがとても愛おしくて、こころを洗ってくれます。
まだ滞在は始まったばかり。
ロベルトのおかげでたくさんのエネルギーを貯められそうです。
いい匂いがしてきましたよ。
お昼ご飯の席に戻りますね。
ではまた。ボナパティート!
お楽しみ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

小串翔 ピアノサロンコンサート


Pianist: Show Ogushi
Violust: Kazuhide Ino
I have never enjoyed so modern and contemporary music. It was very beautiful night.


昨晩、心が躍るコンサートに行ってまいりました。
フランスとベルギーを拠点にピアニストとして活躍する小串翔。
写真家の小串周三のご子息でありますが、父はカメラで、子はピアノで自身の世界観を表現しつづけていらっしゃいます。
ヨーロッパで多くのサロンコンサートをしてきた成果とでもいいましょうか、
選曲から、演奏の合間に語る内容もさらに洗練され、聴衆の心に寄り添い、素晴らしい夕べとなりました。

近現代音楽と聞くだけでなにやらわからない、聞き辛いものではないか、
そんな思いを一蹴しました。
翔さんの試み、セリム?バルムグレンとジャン?シベリウスの曲を組み合わせてあたかも一つの組曲みたいに聞かせてくれる。

また、シューマンもショパンもブラームスも!
初めて聞く、レオ?オースティンの100年前の情景。
最後には仙台フィルハーモニー管弦楽団ヴィオラ副主席奏者として活躍する、飯野和英の伴奏者として現れ、2人のわかい音楽家はジョルジュ・ユネスクの曲を披露しました。

拍手は鳴り止まず、アンコールの曲はファジル・サイ!の作曲、ブラックアース。エスニックな世界。

つくづく小串翔のコンサート作りは心が温かくなる。テンションがあがる。
知らない音楽を優しく紹介してくれる。
ますますファンになりました。
いつまでも応援していきます。
彼の演奏を聴く機会は年に1-2回です。
次はいつ?待ちきれませんよ。
小串翔さん、飯野和英さん、次回が楽しみです。
お楽しみ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

瀬原加奈子


at Nara, Gakuenmae
Calligraphe & Engravings artist Kanako Sehara and I had a meeting for her workshop.



“Rifuan” here is amazing place, nature, wind, sun set and time flowing slowly.


母のことに心を痛めて、S氏の”仕事はいつからでもてきますよ!「愛が勝つ」でーす。”のお言葉。
人との関わりに有り難さを感じる日々です。
そんな中、書家・篆刻家の瀬原加奈子と奈良・学園前の梨風庵に行ってきました。
ここは大池を借景に広大な敷地にカフェやスタジオのあるところです。
青野健ともよく行きました。
さくらんぼの季節はお庭の大きなさくらんぼの木から実をつませていただいたり
思い出深い場所の一つでもあります。

瀬原加奈子の活動をこれからどう進めていくか。
2人で話し合って、その一つとしていろいろなところでワークショップをやってみようと。
そして実行。アーティストが喜び、習う人も気分よいところ。
奈良ではここが思いついたというもの。
篆刻は小難しく考えなくても、充分楽しい。
瀬原加奈子は、ヘェ〜という小難しかったり、ためになったり、わくわくする話をしながら教えます。
買ってすますものではなく、創り出すものが生活を豊かにしてくれます。
それは青野健と長いこと生活してきた私が知っています。

これからは、
水墨の故・青野健をはじめ、
写真家・小串周三
インターナショナルラテンダンス教師・ロベルト・マッサ
そして梨風庵オーナーに素敵な方ねとお言葉頂戴した
瀬原加奈子
この4人の活動を考えていくのが楽しくなってきました。
ドキドキはいつでも幸せな気持ち。
Have a good day!
その他 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

お母さん

お母さん

My mother and I. My parents had run a Sushi restaurant

in Tokyo-Meguro. My mother just worked for family and

always resisted hard labor...My mother who get senile and

has been affected by disease makes me wonder about her life.

 

12月に入って師走の気配を街にでれば感じるようになりました。

皆様おいそがしく過ごされていることと思います。

 

父が昨年亡くなって早1年。

弟からの母の病についての一報が入りました。

こんどは、お母さんなの?

 

母は幸せなことにボケていて、病については知りません。

よかった、よかった。。。

 

弟が話すこれからの方針。

兄弟で同じ意見なので何のストレスもありません。

 

老いた両親の面倒は長いこと弟がよくみてくれています。

感謝のきもちしかありません。安心していられる。

 

というわけだから、ときどきうちに帰ってきてよ、という弟。

うんうん、そうするね。

 

あーよっちゃん(弟)、それならコレステロールなんか無視で

お母さんのすきなアーモンド送ってもいいね。

あーもう何でもいいよ、と弟。

 

プライベートなんか全然なくて、母の重労働をよく知っているから、
お母さんは幸せだったのかなぁ、満足した人生かなぁと、

奈良の空にかかっている重たい雲をみながら思いを馳せます。

 

万分の一も恩返しをできていませんが、

母のことを立派な人だと思っています。

わたしがするべきことは、ちゃんと自分の足で立って

あきらめないで前に進む努力をし続けることだと感じているから

お母さん、これだけは頑張っていきます。

 

重い文でごめんなさい。一人で決起集会している夕暮れです。

 

 

 

その他 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -