青野健美術館への道

わき目ふりふり
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

慈雲忌


07010-016蓮の花 Lotus flower
Artwork by 青野健 Ken AONO
In 2009, Ken Aono, died at the age of 75.


今年の8月20日は母が鬼籍に入りました。
青野健とは同い年でした。
健が実家に私を嫁にしたいと、家族に会いに来た時、
母は25歳と言う歳の差を気にして、ショックを隠せない状態でした。
何年も実家とは没交際でしたが、だんだん蟠りは溶け、
山陽、九州旅行を一緒にするようになりました。


あれから、父も母も、健も居なくなってしまいました。
人生は短い。
健が亡くなって11年が経ちました。
今でも11年前の今日の日は忘れません。
年々、感謝の気持ちが膨れていくのです。
こんな私と17年の結婚生活をおくってくれてありがとう。
いつでも青野健に恥じない生き方をしようと思っています。
来月は、両親と健の海洋葬を葉山でします。
合掌
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

削り節器の刃


My brother made nicely for blade adjustment for Dried bonito slicer. This is one of old fashion cooker. It can shave wooden chip as well after Sharpening the blade! Surprise!


東京に昨晩到着。
京都で転落事故があり、その影響で品川についたのが24時近く。
いつもは目黒駅まで迎えに来てくれる弟が、品川駅まで来てくれました。
感謝。
あ、しかも新車です。

今回は来月に両親と青野健の散骨を湘南の海でするために、
健の遺骨を抱いて持ってきました。
実家は両親と青野健の遺骨が集合して、気分は賑やかです。
母の好物、硬い八橋をお供えしました。
いつものように、ただいまお母さんと入りました。
健さんにも久しぶりの東京だねーと。

朝から、弟に鰹節の削り節器の刃を砥いでもらいました。
うまいもんだ。
木の破片までもがすっすと削れます。
削り方の指南も受けましたので、奈良に帰ったら、
頂いた昆布と鰹節で久しぶりにだしをひこうと思います。


「う」のもの | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

いまさらやけど・・・


When we were attacked by Covid 19 this spring time, Mask had disappeared in anywhere.
Japanese big electrical company SHARP was starting to make mask at using their factory by stopping their another Line.
But everyone can’t buy it because it is by lottery.
I also couldn’t buy it but they send me a information “you got it”.
I think it’s too late, but I bought it.
The mask is made in a clean factory in Japan.


今更の感無きにしもあらず。
シャープのマスクが当たりました。
市中ではマスクが激安になっていますし、考えました。

小さい頃から、くじ運は滅法無く、町内会のくじ引きで
金賞!のプラスチック製のタライが当たったのが最初で最後です。
ですので、
マスクが余ってきて、当たったとかそんな事情はうっちゃりなげ、
単純に当たったことを喜ぶことにしました。

箱は電気製品メーカーぽく、小さなアイロンでも入りそうな風情です。
マスクの下部には、SHARPの刻印が。
ハートのプリントは、企業の心意気が感じられます。
今となっては少し高めのメイドインジャパンマスク、
有り難く使わせていただきます。
運が回ってきたよう♪
その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

なんどもトラットリアロマーナ


Trattoria Romana in Yao- Osaka.
Stefano is my favorite Italian chef.
And his wife Michiko warmly welcomed us. Good taste, good atmosphere, recommended restaurant!
Trattoria Romana イタリアレストラン
Tel:072-951-7537 JR八尾下車、徒歩5分

今晩は敬愛するマダムY.Oのお招きでお嬢様夫婦の経営する
イタリアンでディナーでした。
ご馳走いただいたから言うのではありません。
本当に素敵なレストランです。
家庭的な、本格的なイタリアンがいただけます。






前菜はハムやサラミ
一皿目はレモンのパスタ(写真忘れた)
そして、子羊の香草グリル
生ハムと卵が乗ったピザ。
デザートは梨のシャーベットとパンナコッタ
おしゃべりに夢中で、お腹が膨れてしまい、
ピザの半分は持ち帰りにしていただきました。
ワインはトスカーナの白ワイン。

お店に入り、シェフのステファノさんにボンジョルノと言ったら
ボナセーラだよっ言われた。
夕方だもの。間違いはご愛敬ね。


マダムY.Oと話していると、モヤモヤしていた視界が
すーっと晴れてくるようです。
人生の先輩で、わたしの目標です。

以前、マダムからレモンの木をいただきました。
アゲハの幼虫祭りを相談すると、卵のうちに葉っぱごと補殺するとのこと。
緑色になる前ね。
今朝、レモンの木をパトロールすると、たくさんいた緑色の幼虫がポロポロ落ちてお亡くなりになっていました。
その姿を見て、息抜くのは大変なんだなぁと思い、苦手加減が20%ほど減りました。

どんな時も、美味しいものをいただき、語り、そんな人生は美しいですね。

素晴らしいディナーをありがとうございました!


「う」のもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

赤い辛い



A Chinese madam has passion with kitchen garden. She gave me red hot chili. I prepared diner tonight hot fish soup. It was deep spiciness. Awesome!

涼しくなってきましたね。
うちのレモンの木は、アゲハ祭りで大変です。
緑の幼虫は大の苦手なので、やられ放題に甘んじています。
全部葉っぱ食べられても、また生えてくるってネット情報にもありました。

月に2日ほどお手伝いに行く船場の会社。
そこの女社長は家庭菜園に夢中です。
本日もとても綺麗な赤い赤い唐辛子を持ってきていらっしゃいました。
私はちゃっかりお裾分けに預かりました。
一人たらチリに赤い輪切りを散らす。
色も綺麗、辛さもすっきり深みがありました。
美味しかったなぁ。
ご馳走さまでした。
「う」のもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

観念した


I received beautiful flower and incense for my mother this morning from Tokyo, Ms.I. I thank her very much because I start 4 days challenge from today.


9月に入り、朝はさっぱりした空気をちょっぴり感じるようになりました。
今朝、白い花とお香が東京のMs.Iから届きました。
なんということ!今日から四日間は仕事を休み、やることリストに挑戦です。
縁起がいい。

母が亡くなり骨になったとき、
観念した
と感じました。

そしてお母さんは私の中のネガティブな感情を一掬い持って行ってくれました。
昨晩からたくさん寝ました。
朝食はもりもり食べて、機関車のようにパワー全開で着手です。
リストの完了の赤線引きが楽しみです。
ではよい一日を!



Compote of figs with mint
イチジクのコンポート


Salad with olive oil, sweat solt from Italia and balsamico of Modena. Sweat corn.
オリーブオイル、モデナのバルサミコ酢とイタリアの甘塩をかけたサラダ。とうもろこし。完璧!
その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

母、逝く


My mother and I


母、逝く。85歳。
8/20私は仕事に行く時、リュックに最低限の身の回り品を入れていました。
どんな時もすぐ駆けつけられるように。

昼、弟からの一方で新幹線に飛び乗る。
今の医学で、母は私が着くまでなんとか意識を保ってくれていました。
母のベッドを挟むようにして、弟と私の簡易ベッドが入りました。
主治医は暖かく、丁寧に母にも私たちにも接してくださいます。
午後11時すぎ、高鳴るブザー。
母の心拍は転げ落ちるように、そしてモニターの線形はフラットになりました。


My mother likes dry Yatsuhashi. She made sometimes funny creature.


私たち一人一人、母の存在というものは特別で大きいものですね。
少し母自慢させてもらいますね。

4人兄弟の長女として、また戦争で父を失い、中学校を中退して、
家族を支えました。
母の身体は丈夫で、睡眠時間を削って仕事をしました。
超がつくほど偏屈な父との人生は苦労ばかり。
人のことを先ず考え、欲はなく、たわいない日常を笑って過ごせれば
幸せな人でした。
一代で財を築くも、常に質素に過ごしました。
いつも忙しく、私としてはかまって貰った記憶があまりありません。
唯一、二階の畳の上に転がって歌集から童謡を歌っていた私の横に、
洗濯物を干し終った母が一緒に寝転がり歌を歌いました。
そんな一時が私の記憶に鮮やかに残っています。
私が東京へ帰るたびに、母はそっとお小遣いをくれました。
もうそんな歳ではないのに。
晩年、母のボケが進んでからは、今度は私が母のお財布に小銭をいれました。
コーヒーの赤い缶WANDAを買うためです。
親の恩には全然報いることはできないままの不肖な娘です。



My brother made white rice with traditional rice cooker and we go and buy two kinds of famous beans. All of that is for my mother because these are her favorite.


亡くなった翌日、弟と私は母の好きだったものを買いに東京中走りました。
池袋の長府屋の黒お福豆煮、水天宮のはまやの冨貴豆煮、スイカ。
そして台所の奥から取り出した羽釜。
これで母の一番の大好物、銀シャリを焚くのです。

今日骨上げをして、母の姉妹達と昼食を食べました。
私の知らない母の若い頃を聞けたり。
夜はご馳走をお供えして、弟と私も同じものを頂きました。
いずれとはわかっていたけど、寂しいです。
食後に弟が母のデイサービスでの写真を見せてくれました。
去年のクリスマス、楽しそう。
今、お母さんとの約束を果たすべく、計画を準備しています。
母みたいに働き者ではないけれど、
母みたいに無欲ではないけれど、
母みたいに人に優しくはないけれど、
約束だから、必ず!
季節はすっかり外していますが、
皆さんメリークリスマス?



at Christmas party 2019
My mother passed away 3days ago/20th August.
I’m so sad but started to make future plan already because this is a promise with my mother.
その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

Hsu Yi Langさんのお茶


Thong-Chong Woolon tea. My boss Mr.Hsu Yi Lang had given me this superior Chinese tea long time ago when I left from Singapore. I keep this tea because I can’t still find this shop in Taiwan. If you know, please let me know. This tea is completely different from another Chinese tea. That’s why I keep it at my kitchen over 27years!!


残暑見舞い申し上げます

せっかくの休みも外に出る気になれません。
うちの中を片付け、夕方からスーパーマーケットへ買い出しに行くことになります。

食料庫に大事にとってある、凍頂烏龍茶を出して淹れてみました。
うーん、やっぱり味が違う。

シンガポールの仕事から本帰国する時、ボスだった台湾人の
スーイーランさんから頂いたものです。
このお茶はとても特別です。
お嫁に行くときに持って行って、特別のときに煎れる。
確かに謂わゆる烏龍茶と認識しているまのとも
凍頂烏龍茶と認識しているものとも全く味が違います。

その後、青野健と台湾へ行った時も、缶にある住所を探し歩きましたが
ありません。
ネットにも上がってこない。
ますます宝物になってしまいました。
もし、ご存知の方がいらしたら、是非教えてほしいです。

このまぁるい、深みのある味、人生かけて探すことになるのかな。
頂いた時のことは30年近く経過したいまでも鮮明に覚えています。
鬼籍に入られているボスのことを忍び、今日はこのお茶を楽しむことにいたしましょう。



Very special Chinese tea. It is completely different from the others.
「う」のもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

猛暑の中、帰阪


I made sushi rolls in the refrigerator.


暑中お見舞い申し上げます
昨晩、東京から無事に帰宅しました。
お昼ご飯は冷蔵庫にあるもので、巻き寿司を作りました。
東京では弟の用意する朝ご飯以外は、ずっと外食。
美味しいものばかりだったけど、家でのんびり食べるものはいいなぁ。



Sensoji temple in Asakusa. It was crazy hot!



Kamiya bar:神谷バー Established in 1870. Denki Bran is a kind of cocktail.


浅草に明治創業の神谷バーがあります。
ここの電気ブラン、家にカラビンがありました。まだ続いているのです。
驚きです。
チケット売り場で食べたいもののチケットを買ってランチです。
懐かしい雰囲気。
こういうお店はずっと続いてほしいです。



Mt. Fuji hazeed in the clouds.


午後、友人と待ち合わせて、ソフトバンクへ行ったり、魚料理をたべたり、
あっという間に東京滞在が終わりました。
次は9月初め。
母の無事を祈りながら新幹線から観る富士山は平和そのものと感じました。
暑い中、また毎日のルーティンに戻ります。
皆様も酷暑を切り抜けますように。
この風景好きです。
浅草寺と東京スカイツリーとう○こビル、おっと失礼、アサヒビールのビル。


At Asakusa area, we can look at Tokyo sky tree tower, Sensoji temple and Asahi beer building. It is not huge poop, it visualize beer bubbles.
その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

箱根で弟と


Hakone Venetian Glass Museum


本来なら、家で母とまったり過ごすところ。
再入院してしまった上に、面会ならずでなす術がありません。
母が戻ってきたら、弟は張り付いて頑張ろうとしています。
弟は箱根のFujiya hotelで昼食したいと。
そんな高級なのはダメダメと却下しました。
自分が奢ると。
では行こうと、予約? するよー、とちゃっかりした姉であります。

この日の予定が決まりました。
鈴廣で蒲鉾の見学をする。
最上級の蒲鉾を1本買う(私、払い)
箱根ガラスの森美術館へ行く。
その後、Fujiya Hotelのダイニングで昼食(弟、払い)
湖を海賊船で一周して、帰る。


高速はそんなに混んでいなかったので、あっという間に箱根に着きました。

箱根ガラスの森美術館。
ベネチアグラスと、私の大好きなアメリカ人のチフリの作品を展示してあります。
が、展示の仕方が魅力を伝えられていないし、土産物売り場の面積が
展示より大きい。
ガッカリです。
ついベネチアグラスの素晴らしさや、歴史文化を弟に熱く語ってしまう。



Lunch at the main dining in Fujiya hotel.
My brother invite me like these special lunch.


予約の時間より少し早く着いたので、ホテルの内外を見てまわります。
両親と弟はカレーを食べに良く来てたそうですが、
私はこのホテルのベーカリーに行ったことがあるだけです。
日本の三大クラッシックホテルに恥じないサービスと居心地感でした。
今回の滞在は結果、夏休みになったことを実感です。
今までは母も一緒に来れたのにと思うと、やはり悲しいです。
お値段もかなりのものですが、全ての料理がうーんと唸るほど美味でした。
弟に感謝。


Fujiya Hotel in Hakone, Japan. It is one of three major classic hotel in Japan. Fantastic!


私は滞在中、弟が支度する朝食以外は弟と外食や買い食しています。
丸亀製麺では、弟は狂喜乱舞。
ペコちゃんの不二家レストランで子供とお母さんに優しいサービスを感じる。
イタリア食材店ピアッティのハムとルバンの塩の少ないバケットの見事な調和
食のバラエティはもちろんですが、食を提供する側の素晴らしさは共通することがあると思います。
揺るぎないコンセプトとサービスの軸。
一食が数百円であっても、万以上するものであっても、揺るぎないものの上下がない。
食べていて強く感じました。
母がもう口から食べられないというのに、娘は食を楽しんでいます。
ごめんなさい。私は健康寿命を伸ばすから、許してね、お母さん。
その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -