青野健美術館への道

わき目ふりふり
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Garden diary 4


Blue bajou / Germany /F


今日でうちの子(溺愛してるので親バカご容赦)全て開花しました。
まず、青薔薇のブルーバユ。
もうね、色といい香りといい大好きなの。


Kaikyo /Japan/HT


黄色い薔薇が欲しくて、うちのスペースに合うのはと探して
出会いました。その名も快挙。
黄色の色味といい、香りといい他の薔薇たちともバランスがいいです。



My garden.


薔薇を育てる環境としてはマンション3階はきりきりの選択だと思います。
それでも虫はくるんだなぁ。
数種類の薔薇を育てていて、醍醐味は花束が作れることです。
母の日はこれを作りました。
母には写真見せるだけですけどね。



For my Mother’s Day .


ダイニングテーブルにも飾れます。
こんな贅沢ってないと思うの。
私は小さいきらきらした幸せをこよなく愛しています。



Good night and good sleep!
| permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

Garden diary3


4 roses bloomed today.


5月は薔薇が一気に咲いてくれます。
バラ園のように広大な敷地内に咲き乱れる、にはなりませんけどね。
私の空中庭園も小さい宇宙を作っています。
朝、窓を開けてメダカに餌をやりながら、花に鼻をつっこみくんくんタイム。
幸せや!
高校の時の同級生、ポアンデキブンさんのそれは素敵な薔薇をみて、
始めたんだなぁ。

2011.1.10から始めました。
途中でダメにしてしまったこともありますが、
新しい薔薇さんを迎えるチャンスでもあるからと、彼女から慰められ、
ここまで来たさぁ。 いつまで経っても初心者だけど、愛娘たちは母さんがいい加減だから
しっかりしてます。



Cafe /German/F



Blush noisette /USA /N



Aromatherapy/ USA/HT



Mme Hardy/ France/Old


黄色い薔薇の蕾に虫食いがある!
ヤツがおるんだ。
見つけたら、花の中で天国へ行ってもらうかんね。
などなど、パトロールもしないと。



Good morning!
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

Garden diary2


Today is hot day. Gabriel bloomed.


暑いですねー。コロナよ去れ!
私の大好きな(皆好きだけど)ガブリエルが開花しました。
真ん中が淡いアメジスト色で、なんとも品のある薔薇です。
しかもいい香り。


Gabriel / Japan : HT


原産国日本の薔薇の開花が続いています。
くんくんして、いい気持ち。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

Garden diary


Plant 3 kinds tomatoes


昨日、再び山へ。
我がリペア柵の中のミントたちはご機嫌そうでした。(親バカ)

そして、山から下りてトマトの苗を3本購入。
ジューシーミニ、トスカーナバイオレット、シュガープラム。
素敵なネーミングのトマトたち。
トマト専用の培養土ポンポンも購入。
私は野菜栽培は苦手ですが、昨年のトマトが上手くできたもので、
気を良くしています。
バルコニーでの栽培なので、野菜といっても、南瓜とかは無理ね。


さぁて、5月1日を迎え、愛娘たちが開花し始めました。
ご覧くださいませ。まずは2種類の薔薇が開花!



Garuda / Japan :HT



Fragrant Hill/ Japan HT

Good day everyone!
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

草原の輝き


Blush noisette, Gabriel, Mme.Hardy


風が少し強いので、薔薇が、揺れています。
少し切って、部屋へお招きしました。

1961年のアメリカ映画で「草原の輝き」というエリア・カザン監督の作品があります。

主題に使われているワーズワースの詩がふいに気になり調べてみました。

Splendor in the Grass

Though nothing can bring back
the hour of splendor in the grass,
of glory in the flower,
we will grieve not.
Rather find strength in what remains behind.

草原の輝き
誰も取り戻せはしない
草原が輝いていたあの頃を
花が満開のあの頃を
でもなげいたりしない
それより強さを見つけよう、後に残ったものの中にある力強さを
(翻訳・タウンズマン)


映画の最後にキラキラ光る草原の中、この詩が聞こえてきた。
もう一度みてみようかな。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

花ざかり


My small small rose garden. Olive is going to bloom in another side.
What is a wonderful day!


薔薇がたくさん花を付けてくれました。
窓を開けてベッドに寝転がっていると、
薔薇の香りが鼻先を、くすぐります。
贅沢な時間。
こういう小さな幸せがお気に入りです。
薔薇園(なんちゃって)の反対側にはオリーブがこれまた花芽をたくさん付けています。
今年こそ大量にオリーブ収穫かどうか、今からワクワクしています。


2種類の薔薇は一期めの花が終わって、新しい芽を、伸ばしているところ。
では、今いる愛娘のご紹介をさせてくださいね。


Mme.Hardy
マダム アルディ


Blue Bakou
ブルーパユ


Blush Noisette
ブラッシュ ノアゼット


Aromatherapy
アロマテラピー


Kaikyo
快挙


Gabriel
ガブリエル


Heathcliff
ヒースクリフ


Cafe
カフェ


どの子もみんな可愛い??
ではごきげんよう。
| permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

4番目? 5番目?


Heathcliff


ヒースクリフ、シャーロット・ブロンテの名作「嵐が丘」の
主人公と同じ名前ですね。
関係あるのかな。とにかくクリムゾンレッドの薔薇は一際目立ちます。



Fragrance Hill


初めに薔薇を何種類かお迎えした時に、そういえばピンクが無いと
気がつき、いろいろ探してお迎えしました。
薔薇の楽しみはお迎えするまでのビハインドストーリーも
心に深く残ることかな。
そして、昔も今も私の薔薇の師匠は、ノブちゃん!
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

にぃ〜さん♪


Garuda


ここ数年、大してお世話していなかったのに
健気に花を見せてくれるのは感動です。
ガルーダ、情熱的なオレンジ色だけど、夕方にかけて色が微妙に変わります。


Kaikyo / 快挙


黄色いバラの苗を今年のはじめにむかえました。
快挙、初めての和名のバラです。
柔らかい黄色で、澄んだ香りがします。


Café


カフェは一等先に咲きました。
花は時間の経過とともに乱れ咲きします。
もし一鉢しか薔薇をもてないなら、私はカフェにします。

さ、まだまだ続きますよ。明日、なにか咲かないかなぁ。
| permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

一番め


Café bloomed. It is my favorite fragrance !


シンガポールから帰ってきたら、
バラは蕾をたくさんつけて膨らんでいました。
たった数日で自然のちからを感じた次第です。
これから愛娘たちの姿をアップし続けると思います。
どうぞお付き合いください。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

春がきた


連翹Rengyou/ Forsythia
Firsythia almost die but yellow flowers bloom and green leaves came out!


いつのまにか、殺風景だったバルコニーが明るくなってきました。
20年以上前に購入した枝垂れ連翹が、死にそうだったのに、
普通の連翹として生き返りました。
こんどからはね、下へ下へと枝を伸ばさなくていいんだよ。
上へ上へと元気にお願いします。



Rose buds came out!!!!!


冬に大きく剪定するバラは、枝を伸ばし、葉が茂り、
蕾が上がるともう心が踊ります。
今は10種類のバラになったけど、
お気に入りが揃った感じです。
不幸にして、ダメになった時は新しいバラを迎える時期と考えられるようになりました。
もういいから、と言われるほど我が愛娘のすがたをお見せするのもあと少し。


藪蘭Yaburan/ Liroope muscats


この藪蘭は、青野健の生徒さんから頂いたもので、かれこれ20年以上前になります。
毎年、ずっと咲きます。他の植物が侵入すると、この手で排除されます。
葉の色がもっと美しくなりたいのですけど、
これはこれからの楽しみにします。

あともう少しでシンガポールへ行くので、その間の水やりをいまから考えているところです。
絶対、水切れなどさせられません。(キッパリ)
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -