青野健美術館への道

わき目ふりふり
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

草原の輝き


Blush noisette, Gabriel, Mme.Hardy


風が少し強いので、薔薇が、揺れています。
少し切って、部屋へお招きしました。

1961年のアメリカ映画で「草原の輝き」というエリア・カザン監督の作品があります。

主題に使われているワーズワースの詩がふいに気になり調べてみました。

Splendor in the Grass

Though nothing can bring back
the hour of splendor in the grass,
of glory in the flower,
we will grieve not.
Rather find strength in what remains behind.

草原の輝き
誰も取り戻せはしない
草原が輝いていたあの頃を
花が満開のあの頃を
でもなげいたりしない
それより強さを見つけよう、後に残ったものの中にある力強さを
(翻訳・タウンズマン)


映画の最後にキラキラ光る草原の中、この詩が聞こえてきた。
もう一度みてみようかな。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

花ざかり


My small small rose garden. Olive is going to bloom in another side.
What is a wonderful day!


薔薇がたくさん花を付けてくれました。
窓を開けてベッドに寝転がっていると、
薔薇の香りが鼻先を、くすぐります。
贅沢な時間。
こういう小さな幸せがお気に入りです。
薔薇園(なんちゃって)の反対側にはオリーブがこれまた花芽をたくさん付けています。
今年こそ大量にオリーブ収穫かどうか、今からワクワクしています。


2種類の薔薇は一期めの花が終わって、新しい芽を、伸ばしているところ。
では、今いる愛娘のご紹介をさせてくださいね。


Mme.Hardy
マダム アルディ


Blue Bakou
ブルーパユ


Blush Noisette
ブラッシュ ノアゼット


Aromatherapy
アロマテラピー


Kaikyo
快挙


Gabriel
ガブリエル


Heathcliff
ヒースクリフ


Cafe
カフェ


どの子もみんな可愛い??
ではごきげんよう。
| permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

4番目? 5番目?


Heathcliff


ヒースクリフ、シャーロット・ブロンテの名作「嵐が丘」の
主人公と同じ名前ですね。
関係あるのかな。とにかくクリムゾンレッドの薔薇は一際目立ちます。



Fragrance Hill


初めに薔薇を何種類かお迎えした時に、そういえばピンクが無いと
気がつき、いろいろ探してお迎えしました。
薔薇の楽しみはお迎えするまでのビハインドストーリーも
心に深く残ることかな。
そして、昔も今も私の薔薇の師匠は、ノブちゃん!
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

にぃ〜さん♪


Garuda


ここ数年、大してお世話していなかったのに
健気に花を見せてくれるのは感動です。
ガルーダ、情熱的なオレンジ色だけど、夕方にかけて色が微妙に変わります。


Kaikyo / 快挙


黄色いバラの苗を今年のはじめにむかえました。
快挙、初めての和名のバラです。
柔らかい黄色で、澄んだ香りがします。


Café


カフェは一等先に咲きました。
花は時間の経過とともに乱れ咲きします。
もし一鉢しか薔薇をもてないなら、私はカフェにします。

さ、まだまだ続きますよ。明日、なにか咲かないかなぁ。
| permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

一番め


Café bloomed. It is my favorite fragrance !


シンガポールから帰ってきたら、
バラは蕾をたくさんつけて膨らんでいました。
たった数日で自然のちからを感じた次第です。
これから愛娘たちの姿をアップし続けると思います。
どうぞお付き合いください。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

春がきた


連翹Rengyou/ Forsythia
Firsythia almost die but yellow flowers bloom and green leaves came out!


いつのまにか、殺風景だったバルコニーが明るくなってきました。
20年以上前に購入した枝垂れ連翹が、死にそうだったのに、
普通の連翹として生き返りました。
こんどからはね、下へ下へと枝を伸ばさなくていいんだよ。
上へ上へと元気にお願いします。



Rose buds came out!!!!!


冬に大きく剪定するバラは、枝を伸ばし、葉が茂り、
蕾が上がるともう心が踊ります。
今は10種類のバラになったけど、
お気に入りが揃った感じです。
不幸にして、ダメになった時は新しいバラを迎える時期と考えられるようになりました。
もういいから、と言われるほど我が愛娘のすがたをお見せするのもあと少し。


藪蘭Yaburan/ Liroope muscats


この藪蘭は、青野健の生徒さんから頂いたもので、かれこれ20年以上前になります。
毎年、ずっと咲きます。他の植物が侵入すると、この手で排除されます。
葉の色がもっと美しくなりたいのですけど、
これはこれからの楽しみにします。

あともう少しでシンガポールへ行くので、その間の水やりをいまから考えているところです。
絶対、水切れなどさせられません。(キッパリ)
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

アニバーサリー


Thank you very much Miki from the bottom of my heart.

干支が一回りし、赤いものが私のところに巡ってきました。

何とも言えない気分。
どちらかというと、開放的な気分ではなく神妙。
東京に来ていてスケジュールをこなす中、アニバーサリーを迎えました。
図々しい私は一緒にお祝いしてほしいとあるレディに無心しました。
完璧な昨晩。何から何まで。
世の中には、信じられないことが起きるものです。
ただただ有り難く、さらに自分は人に対して何ができるのだろうと
考えさせられました。

なかなか大人になれません。
悩みはますます深く。
現実に打ちのめされることも多い。

心に響く言葉を寄せてくださった方もいらっしゃいます。
新しい局面に奮起する。
そうですね、やらずにへなへなしている場合ではありません。

確かに、人生の舵取りは簡単ではないけど、
叱咤激励してくださる方々を思い浮かべながら、
毎日一歩一歩前進します。
言ってしまいましたっ!
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

薔薇の植替えと剪定


Replanting and pruning of my roses.
I’m thinking about whether to cut a little more....


薔薇の植え替えを昨日しました。
2月にするもんだと思っていましたが、
私の薔薇の先輩先生、のぶちゅんが、今月やっても大丈夫って言ってくれたので、
そりゃ2月のめちゃくちゃ寒い中するよりいいや、と決行したのです。
仕事が忙しくて、2年ほど植え替えをしていなかったけれど、
我が愛娘たちは、病気にもならず、幼虫も呼ばず、
すくすくと根が育っていました。
根が育っていると、心が踊ります♪
根切り包丁で、エイやと根を半分ほど切り落とし、
新しいふかふかの土に入れ替えていきます。
初めはこの鉢形にすぽっと抜いた根を切るのが勇気がいりました。
大丈夫なのかなぁ。痛くないかなぁ。
ロングヘアを切って、髪の毛を綺麗にするのと同じもんやと思ったら、
案外大ナタふれるものです。
時間をかけないのが、思いやり。

今回初めてトライしたのが、ゲンコツという究極の選択。
もう枝はかれていたのだけど、根がまだいけそうだったので、
全ての枝を払って、根元だけゲンコツの状態にしてしまうもの。
これでまたふっかしたら嬉しいです。
8年前に薔薇を始めた時に購入した苗。
カフェという名のアプリコットブラウンの大好きな香りの薔薇。
簡単には諦められません。
のぶちゅんが、こーしてたな。私もやってみようっと。
今、3本の薔薇苗を注文していますけど、その中にはカフェも入っています。
ベランダという限られたスペースは、いろいろ試しつつ、
きっと生涯そばに置きたい薔薇が数鉢残るんでしょうね。

ピンポン?

今、薔薇が届きました。
どれかしら、楽しみです。
早く鉢に移してあげましょう。

寒いけど、暖かい日差しも降り注いでいますね。
ではごきげんよう。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

散歩



Utsubo park in Osaka was the airport at world war II. The huge and long park is oasis in town.


日常生活以外何もしない、を続行中の私は、秋空の下お散歩に出かけることにした。
電車に揺られて1時間ほど、大阪の靱公園は思い出がたくさん詰まっている。
青野健の友人で香料会社の社長だった”船長”の隠れ家がそばにあった。
淡路島に大きなヨットをお持ちでそこで会うか、この隠れ家で会うかが常だった。
もう、そのビルは無かったがこの公園の周囲をあるいてみる。
公園の中を歩いて、昼ごはんをたべる。




思えば10年などあっという間にすぎる。
私はいったいどこに向かうのかなぁ、なんて頭がフリーズした。
そんな時は、芳しい香りで現実に戻る。
靱公園のバラは、秋でも頑張って咲いています。お手入れがちゃいます。





蜂のように、鼻を花につっこんで香りを楽しみます。
周辺の人々は家族連れなので、ピクニックやら、昼寝やら。
花から花へ顔をつっこんでいるのは私だけでした。笑笑
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

お彼岸


Ohigan is Ancestor memorial service in Buddhist. Sometimes I want to meet my husband, my father, my father in low... They always made me happy. So I also try to treat my friends nicely.


お彼岸のちゃんとしたやり方はわからないけれど、
緑色の小さな蜜柑をお供えしました。
すごい豪華なしつらえはしないけど、ちょこっとずつ
お供え変えています。
この前は青野健の好物だった三色団子。
でも短時間でさげて食べちゃいました。
乾いたら美味しくなくなるもの。あは。
お義父さんの青野馬左奈さんとは、よく童謡を一緒に歌ったなぁ。
昨年亡くなった父は、変わり者ではあったけど、今は時々会いたくなります。

後悔は先に立たず


きっと天国から見ていてくれると思うから、
しっかり生きないとね。
死は私達平等にくるから、
なんと言われても私は愚直にも
人に親切にして生きたいと思います。
歳のせいか、健との生活が幸せだったからか、
小さい幸せを分かち合える暮らしが私の天国です。
鬼籍の皆様へ、いつも本当にありがとうございます。
| permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -