青野健美術館への道

わき目ふりふり
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Muay Thai


Muay Thai is a kind of kickboxing.
It was fun time. I will start Muay Thai!

語学を一つ、スポーツを一つ、楽器を一つ側に置いておくと
人生が、楽しく充実したものになる。
って何十年も前に聞いて、
私はフランス語、水泳、ピアノをあげていた。
が、今日からは水泳にかわりムエタイになりそうです。
友人に連れついってもらった、東京、人形町にある
Faithフェイスというムエタイジム。
オーナーのしっかりしたコンセプトと、女性に配慮したジムは
汗臭などなく、めちゃくちゃおしゃれ。
1時間のレッスンは汗びっしょりになり、爽快感に包まれる。
この歳になってボクシングとはね。
お釈迦様でも、気がつくめー。
というお江戸の一日。



Japanese sweat. Brown tea ice cream is yanmy.


人形町界隈はビルの間にまだ、魚屋、豆腐屋などが店をはっている。
これだから東京は好きだ。
豆腐屋で、銀杏入りのがんもどきを買った。
すかさず、弟にライン。
明日の朝食に登る予定。


最後は友人のおすすめ、漢方アロマへ。
お尻をゴリゴリ、身体全体を水牛のツノでできたヘラのようなもので
マッサージしていく。

最近ストレスマックスでした。
でも、昼に広尾のカフェテラスでいただくパリパリのバケット。
昨日とはうってかわっての爽やか日差し。
ムエタイ。
ほうじ茶みつ豆。
漢方アロマ。
小骨が刺さっていた問題も、ようやく方向性が見えてきた。
あとは、やるのみ。
友人たちの優しさが身に染みる。
みんな、ありがとう!
お楽しみ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

貯金と貯筋


My expectation will be savings and build muscle from this autumn for my future delight.


まだ暑いけど、でも秋になってきましたね。
いろいろ考えて
尊敬する人との会話から
ふわっと浮かんできました。

貯金と貯筋

秋からのお楽しみになりそう。
今までの使ってばかりから、
気に留めることを意識してみようかと。
この可愛い豚の貯金箱は青野健と結婚した当時、
Mr.Sから、”使ってばかりではなく、貯めてね”と言葉を添えていただいたものです。
30年近くの時を経て、本気のお友達になります。
500円とか、細かいお金とか、こんなとこから始めます。
遅いって?
いえいえ、そんなことないっす!
最近思うんです。
死ぬまでチャレンジできる。
ダメと制限してしまうのはもったいない。
せっかくこうして生きているから大事にしましょうと。

あともう一つは貯筋です。
残念ながら、身体は歳を重ねていきます。
あらがうわけではありません。
生活の中に貯筋を取り入れていきましょうと。
そこで、来月の上京ではマダムIがはまっているムエタイを挑戦!
楽しみです。
ホットヨガにサボりがちに通っていたら、五十肩もほぼ治りました。
ならば次は、肩甲骨動かして足上げして、きっとムエタイって
ハードであり楽しいのだと思います。
もちろん、無理はできませんけどね。
歳とるのも悪くないと思うのは、生活の知恵がついて、なんか心が自由になることかもしれません。
お楽しみ | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | - | -

Concert de piano et alto のお知らせ

 

ogushi400

Don't you enjoy the sound of Piano /Sho Ogushi

and of Viola /Kazuhide Iino at one summer night!

 

Date: 25th August sun.  19:00

At: Yoshu Hall /Mori bidg.2F, 1-4-11 Minamisenba,

      Chu0-ku, Osaka

Ticket:¥3,500, ¥2,000(students), Free(preschooler)

Contact to: info@shoogushi.com

 

わくわくするご案内をさせていただきます。

小串翔さんのピアノと飯野和英さんのヴィオラのコンサート

が8月25日(日)大阪・南船場のYOSHU HALLで19時

から開催されます。

 

小串翔さんのピアノの音色と、音楽に向き合う姿勢、

そしてコンサートを決して一部のクラシックファンに

向けたものさせない構成、控え目ながら面白いお話。

たくさんの魅力があって、いつも足を運んでいます。

 

また、ヴィオラの飯野和英さんの音色はおおらかで

時に力強く、バイオリンとはまた違った魅力を感じて

いただけると思います。

オーケストラの中の一楽器としてしか知らなかった私は

前回のコンサートでとても感動しました。

 

小串さんは普段はベルギーですし、飯野さんは仙台を

中心に活躍されていますから、この機会に是非参りましょう♪

連絡先はinfo@shoogushi.comまで。

青野までご連絡いただいても大丈夫です。

 

 

お楽しみ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

馬、乗りに行こう!


I met him after Hot Yoga.
Staff invited me horse riding.
I want to do it!


ホットヨガの帰りにスーパーマーケットに寄ったらば、
なんと、ポニーのジロウちゃんが乗馬クラブのスタッフさんと営業にきていました。
暑いのにご苦労さまです。
数年前にイギリスの乗馬学校で初めて味わった興奮が蘇りました。
あの時は、膝に青タン作って、それでも馬の魅力に取り憑かれ、
ハイソな乗馬は趣味にできないからと
パナソニックから出ている乗馬マシン購入を真剣に考えたっけ。



Staff of horse riding club invited me one day trial.
Why not. I must go!!!


場所は青野健と良く行った青田川へ行く途中にあります。
早速、馬好きな友人に聞いてみた。

馬、乗りに行かない?

彼女の絶句メッセージがきた。

えっ??

そして、馬、好きやけど。ときた。
さらに、あとは行く日だね。ときた。

ノリのいい友を持つと幸せやな。
これは実現させないと。
暑いのに、ジロウちゃんが営業に来た甲斐がなくなるもんね。
お楽しみ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

Buon Natale イタリアのクリスマス


Thanks to the family fantastic, I could enjoy warm and silence Christmas time.

北イタリアのトリノに来ています。
毎年、年末はここで過ごしていましたが、今年はクリスマスに来ることが出来ました。

母の容体のこともあり、直前までどうなるかわかりませんでしたけれど、来ることができました。

イタリアのクリスマスはイブから26日までは日本の三が日みたいです。
家族、親族、お友達とたくさんの人と食べて食べて飲んで飲んで。
そして朝寝坊。
これだけです。


あとは、バールで朝からスパーリングワインを飲みます。
私はアルコールに弱いからこれは危険ね。







久しぶりに会うひとも、初めて会う人も互いにクリスマスを祝いおしゃべりをします。


忘れていたものがここにありました。
さもないことがとても愛おしくて、こころを洗ってくれます。
まだ滞在は始まったばかり。
ロベルトのおかげでたくさんのエネルギーを貯められそうです。
いい匂いがしてきましたよ。
お昼ご飯の席に戻りますね。
ではまた。ボナパティート!
お楽しみ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

小串翔 ピアノサロンコンサート


Pianist: Show Ogushi
Violust: Kazuhide Ino
I have never enjoyed so modern and contemporary music. It was very beautiful night.


昨晩、心が躍るコンサートに行ってまいりました。
フランスとベルギーを拠点にピアニストとして活躍する小串翔。
写真家の小串周三のご子息でありますが、父はカメラで、子はピアノで自身の世界観を表現しつづけていらっしゃいます。
ヨーロッパで多くのサロンコンサートをしてきた成果とでもいいましょうか、
選曲から、演奏の合間に語る内容もさらに洗練され、聴衆の心に寄り添い、素晴らしい夕べとなりました。

近現代音楽と聞くだけでなにやらわからない、聞き辛いものではないか、
そんな思いを一蹴しました。
翔さんの試み、セリム?バルムグレンとジャン?シベリウスの曲を組み合わせてあたかも一つの組曲みたいに聞かせてくれる。

また、シューマンもショパンもブラームスも!
初めて聞く、レオ?オースティンの100年前の情景。
最後には仙台フィルハーモニー管弦楽団ヴィオラ副主席奏者として活躍する、飯野和英の伴奏者として現れ、2人のわかい音楽家はジョルジュ・ユネスクの曲を披露しました。

拍手は鳴り止まず、アンコールの曲はファジル・サイ!の作曲、ブラックアース。エスニックな世界。

つくづく小串翔のコンサート作りは心が温かくなる。テンションがあがる。
知らない音楽を優しく紹介してくれる。
ますますファンになりました。
いつまでも応援していきます。
彼の演奏を聴く機会は年に1-2回です。
次はいつ?待ちきれませんよ。
小串翔さん、飯野和英さん、次回が楽しみです。
お楽しみ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

お家で夕食会


Sometimes we can share own steps of life and happiness. It was beautiful dinner yesterday at home. Thank you my friends.


とても久しぶりに家で夕食会をしました。
青野健と同じ会社の後輩であり、リタイアなさった今でも
誠実に健康に過ごしていらっしゃるS氏。
イタリアから日本へ活動の場所を移して慣れない環境でも
前向きに頑張っているインターナショナルラテンの
ダンサーであり、教師であるロベルト。
ずいぶん前にS氏から紹介を受けた書家の瀬原加奈子。夢を夢で終わらせないために日々行動あるのみの超前向きな女性です。
そしてどこかユルイ。ビジネスに向かないかなぁと思うし、お家大好き。でもなぜか皆んなと一緒に頑張ろうと思うワタクシ。

こんなメンバーだから会話は熱い、楽しい。
熱すぎて、S氏を疲れさせてしまったかも、はぬぐいきれませんが、
久しぶりのお家ディナーは時間が、たつのも早かったです。

また、集まりましょう。こんどはS氏夫人もご一緒に。
お楽しみ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

One day rich style!

sky

Today is the summer solstice and sunset at my place.

 

あの地震以来、空を見ることがなかったけれど、一日の終わりに

 

出先から帰って車から降りると、綺麗な空が広がっていた。

 

もう本震などいりませんから。。。

 

さて、久しぶりに、行きがかり上、またはそれにえいや!と調子に

 

乗って、散財しました。ちょっとお金持ちのマネをね、したんです。

 

今日の予定は苦楽園の特別な美容院(髪の毛研究所みたいなところ)へ

 

行くだけでしたが。

 

数日前のこと、写真家の小串周三さんとお会いしていた時、

 

ぼくはネ、健さん(青野健・亡夫)と一緒にいたころのさっちゃんで

 

いてほしいんですよ。

 

と話されました。あの頃は生活の不安なんてなかったなぁ〜。

 

今は生活者として、青野健に恥じぬよう毎日頑張っているつもり。

 

だから買物だって、少しは考えてするもの。

 

そして会話はすすみ、芦屋のいかりスーパーの近くにピーナツを

 

しぼってピーナッツバタを売ってくれるグロサリーがあると。

 

 

foodhall

Grand Food Hall at Ashiya. Amazing space!!

 

苦楽園から車で峠をこえれば10分で着くんだ!と判明したので

 

迷わず髪の毛研究所のある苦楽園へは車を走らせました。

 

髪の毛をぴかぴかにして、さて行きましょうと美容院を出ると、

 

なんかおいしそうなお店が2件あります。

 

ひとつはテラス席もあるタイ料理。もうひとつはベトナムコーヒー

 

のお店。さて、ここらへんからOne day rich styleが始まります。

 

 

thai

Puan Thai restaurant in Kurakuen. Lunch set!! It was tasty.

 

実は香港出張から帰国して以来、ずっとDiarrhea ぴーぴーです。

 

でも食い気が勝つのです。まったくとほほです。おいしかったな、

 

タイ版チキンライス! そして躊躇することなく、対面にある

 

Golden saigonに入り、ベトナムコーヒーをテイクアウトしたのでした。

 

緑しげる並木道を走らせると、あっという間にくだんのグロサリーに

 

到着。もうね、片端からほしいんですよ。試食もどんどんさせて

 

くれて、どんなに美味しいかもスタッフさんたちは愛情もって

 

説明してくれる。こんなの弱いんだ、わたし。

 

 

dinner

From Grand Food Hall: I made Seawead noodle and bought

red salad with apple, beats and quinoa.

 

そして、芦屋のイカリスーパーにも寄りました。健との思い出が

 

たくさん詰まっているスーパーマーケットです。シマアジの頭は

 

今日はなかったけど、キリン淡麗と、ソラマメの炒ったのを健さん

 

へのお土産に買いました。どっちのお店も半端なく高級ですけど、

 

今日はいいの。来月のカード請求は考えないでおこう。

 

無事帰宅。。。と言いたいところだけど、何年かぶりでフェイスエステ

 

も行っちゃったよ。当日がとれたから。

 

こんな日があってもいいね。明日からまた生活者に戻ります。

お楽しみ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

日常と非日常 Ordinary & Extraordinary


South east of Hongkong
The sounds of wave come and go.
It was extraordinary moment.


一週間の出張だというのに、やることがすすまず焦り気味。
それはそれとして、二人の上司と一緒なので、いつもと違い非日常も楽しめます。
つづれ折になっている道幅の狭い峠をタクシーは
ガタガタとスピードをあげて走っていきます。
ご招待をしてくれた若いカップルはとても気持ちの良い人たちで、
食事もさることながら、寄せ来る波の音を聞きながらの
ディナーを整えてくれました。



Burning fish !! Fire?


フレンチスタイルとは言え、ヨーロピアンが通う店らしく、
ボリューム満点です。
なにが嬉しいって、大盛りです。



This restaurant is very attractive decoration but every plate is soooo nice.


こちらは雑誌に載っていたとかで1時間待って入りました。
だいたいこのテのレストランは見栄えだけと思っていた私。
裏切られたなぁ。独創的で、しかも美味しかった!



It smells ordinary life.
I bought a medical cream which is Japanese brand but
The name is written by Chinese caractor . LOL.


今回のホテルは下町の香りプンプンです。
せっかくだから晩御飯を食べに行ったついでにウオッチング。
サトちゃんの看板があるお店でオロナインを買いました。
効き目は同じ。
さぁ、連日豪華ディナーをしていましたから、
今晩はソウルフードにいたしますよ。


My favorite soul food. Laksa and Kankon stay fry !


かれこれ30年前(びっくりするわ、この数字)にシンガポールで
仕事をしていました。
その時に食べて衝撃をうけたごはんが
ココナッツクリームとスパイシーなものでスープが作られている
ラクサ。
そして、日本では空芯菜で手に入りやすくなりました
カンコンの炒め物。
満足満足。部屋に戻ると、眠くなってきました。
ほんとうに眠い。
もう、寝ましょう。
おやすみなさい。ZZZz
お楽しみ | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

A bientot さようなら、またね

pierre1

Pierre CHRISTIN He is a french maestro of fine art. We are

very happy because we can meet after a long time.

 

 

キャー!!!サチコ〜。キャー!!!サビーヌ。

今日は大変嬉しい午後でした。

パリから数十年来の友人一家が京都へやってきました。

タクシーの運転手さんもわからない場所になんとかフェイスブックの

メッセンジャーで話しながらたどり着く。

え!?ここなの?

 

 

pierre2

Gallery Nichido prepared a traditional japanese style house

'Machiya' for them. Wow!! C'est super!!

 

 

偉大な画家ともなると、こんな素晴らしい場所に縁ができるのですね。

中は和ですが、ベッドとかもあり、キッチンも使い勝手がよく、

朝ごはんは滞在中、ここで食べるのねぇ。

土間で珈琲やら、抹茶ラテなどと焼き菓子をつまみながら、懐かしい

話や近況に花がさきます。

 

カンヌのモーリスは98歳で歩けないけど、絵を描いてるよ。

クリスチャンは元気だよ。

 

健と初めて会った時は面白かったなぁ。小さいハーモニカを首から

ぶら下げて、ラマルセイエーズ(フランス国家)をふくんだよ。

みんなで大きな声でうたったよね。

 

サチコ、だれかいい人できた?

 

まー賑やかなこと。

ピエールの奥さんのニコル。

彼らの娘のサビーヌ。サビーヌのパートナーのマルク。

サビーヌの娘ルナ。総勢5名様ですのでね。

いきなりのフランス語の嵐でございました。

 

 

nicole

The beautifle family. Pierre and his wife Nicolle, their grand

child Luna

 

sabine

their daughter Sabine. She is also an artist. and Marc.

It is first visit to japan for him. Bienvenue au japon!

 

 

通常ならタクシー乗る距離だけど、散歩しようとなりました。

サビーヌがグルテンがだめで、グルテンフリーのパンをさがすこと。

 

ルナは’ソンエン’行ってみたい。 なんだそれ。。。あーcent-Yen.

百円ショップでありました。

みなさん燃えてましたよ、ソンエン。

 

ディネ、夕食は刺身が食べたいと。友人の京都在住のDr.Dへ電話する。

神奈川の三崎のマグロは有名ですね。

その専門レストランへ行きました。

またまた弾丸おしゃべりに夢中で写真はありません。

そんなこんな。

 

帰りも歩くと言う。私がとんでもない所に連れて行ってしまい、

最終的にルナのナビで45分かけて帰っていきました。

お別れは四条堀川の交差点。

みんなとビズを交わし、来年は必ずパリで会おうねと。

うん、うん、必ずそうする。

ニコルがAu revoir オルボアール(さよなら)じゃないのよ。

A bientot アビアント(またね)だからね。

 

ピエールはしっかり抱きしめてくれました。

そして何度も何度も振り返って。

 

私たちはどんどん年齢を重ねていきます。

こんどいつ会えるかわからない。

 

一期一会。君に会えて僕はうれしい。 讃:青野健

 

ほんとうにそうなの。どうか元気でね。

暖かい気持ちをたくさんくれて、ありがとう。

 

J'ai passe une super apres midi avec vous.

Je vous embrasse.ハート

 

 

お楽しみ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -