青野健美術館への道

わき目ふりふり
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

お母さん


My brother said shall we rest at happy drink shop. There is beautiful cherry tree.
I’m looking forward to go there...Happy drink shop is bending machine.


緊急事態宣言の解除を待たずして、東京へ帰りました。
母の老が一段階進み、弟が狼狽してしまったのです。
父の時とは大違い。普段は悪態ついているのに。
男の子にとって母親は特別なのだと思います。

本日朝6時出発で、山梨へ向かいます。
父が生前入院したリハビリ病院があります。
ですから、周辺は思い出が多いわけ。

途中、桜の下で飲む場所があるんだ。
ハッピードリンクショップって言うんだ。
わたしはね、喫茶店みたいなところを想像していたのですけど、
そこは自販機複数台設置の場所でした。


Lunchtime Soba noodle shop, wow it is Tenpura on the rice “Tendon” like a Tokyo tower!


お昼ご飯はお蕎麦食べたいと。
第一候補もつぎも休業中。
弟が、あそこは蕎麦つゆが美味しく無さそうだと外観だけで
決めつけていたところしかありません。
お腹空いたしいいから行こうと。
人もモノも決め付けはダメですね。
蕎麦に小さい天丼付きを頼んだら、驚きの盛り付け。
立っている!
これが美味しかったんです。蕎麦つゆも第一候補より結果美味しいらしい。
場所はサントリーウィスキーで有名な白州です。
私はここまで来て、八ヶ岳だけでは嫌だ。
富士山も、とリクエストしました。
ではと、富士山がよく見えるところまで連れて行ってくれました。



My mother and I.


いつまで、こんなことができるかわかりません。
母は帰宅したら全てを忘れています。
でもね、その時、綺麗だ、美味しい、と感じられたのだから、いいじゃない。
来月も来よう。お小遣いためないと。


Mt.Fuji and Cherry blossom
お楽しみ | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

Viva! 農夫と温泉


Hello! I’m Sachiko. I’m coming my friend’s second house.


かつてからのお約束で、能瀬にきています。
コロナの緊急事態宣言で、県またぎを避けてとは認識してます。
が、車で山の奥に来ています。



My friend is not farmer. She is Doctor in week day.


友人は普段はお医者さんですが、休みの日は土木工事
あるいは土壌改良にいそしんでいるのです。
ローズマリーの花も綺麗し、一度遊びにきてみてと。
私の車で山の上まで上がってきました。
そして私の仕事はケンタッキーカーネルミントと、キャンディミントの
鹿、イノシシ防護柵のリペアとなりました。
あまりこれ美しくないよー。綺麗に結束しなおしていい?
はい、なんでも好きにしておくれやす。
と、にわか農夫&土木作業員の友人H。


I did it. It was so beautiful cage after my work!


出来ました。3種類の色違いの紐は役目を与えて持ち主に説明。
友人は防砂用の板に腐食防止のなんかを塗り終えてました。
早速ミントを摘んでこれからミントティーを入れてくれるそうです。



Mint tea from my friend’s garden.


なんて美しい緑色。
今まで飲んだミントティーの中で一番濃くて美味しかった。
そして彼女は素敵なお泊まりを準備してくれてました。



Her Rosemary and my car.


さて、お片付けして亀岡へ向かいます。
わーい、温泉宿です。
トラディショナル!
その日の晩御飯の美味しかったこと。
友人に感謝感謝。
忘れないために写真とったの。
みてくださいね。
最後のお稲荷さんは、夜食にどうぞと。
一個食べちゃった。上品なお味でした。



It was so gorgeous dinner.


お湯もお食事も、サービスもとても素晴らしかったです。
すみや亀峰庵さん、ありがとう。
そしてなによりもこんな機会をつくってくれた友人に大感謝です。
これから朝風呂です。ではでは。



Sumiya Kihouan at Kameoka Kyoto
お楽しみ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

食いしん坊 Gourmandise


From the window of airplane, you can see white Alpes and Côte d’Azur.


あっという間にホリデーは終わりました。
友人と語らい、その全てを受け入れる。
しみじみとした気分で関西空港に戻ってきました。
今回帰りはニースからフランクフルト、フランクフルトから北京、北京から大阪と
乗り換えが多かった。
ニースのチェックインデスクで、北京からの便が無いと言われた時は
くらっときましたが、予約していてもこんなことあります。
フランクフルトで話したらすんなり通りました。良かった!
帰国便はエコノミーがなく、全てビジネスとなりました。
席がフルフラットになるからとても楽です。
ご飯もゴージャス。
シャンパンもあるけど、クリスマスに貧血おこしたから、ソフトドリンクを頼みました。


食いしん坊の私でも全ての量はこなせませんでした。
動いてご飯たべないと、有り難みも半分ですね。



From Nice to Frankfurt



From Frankfurt to Beijing


From Beijing to Osaka


あー見てるだけでも、お腹膨れる。
明日からずっとお正月も働くから、前ご褒美としましょう。



Mauris, Christiane and me on 27th in the early morning.


人は誰でも老いる。モーリスやクリスチャンが示してくれた
歳にあらがうのではなく、横において、日々の暮らしを整え、
周りの友人を助ける。
日本人なら誰でも気遣いそうな、高齢のところにお邪魔するなんてできない。
その気遣いも大事だけど、そこを工夫して交流する尊さ、
人間の尊厳を考えさせられる旅でした。
20数年前に出会い、こうして会えたことに感謝です。
ありがとう、ありがとう。 滞在中にピンが分からず出来なかった、
ワッツアップ もクリスチャンがトライしてくれる予定。
凄いな。
このあと、最後にお土産の見せびらかしをアップする予定。
モーリスの分厚い作品集もあります。
そこにはナント!!
次回へ続く。。。
お楽しみ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

最後、カンヌ普通の日


Good morning!


最終日だからといって、特別なことはない。
クリスチャンはとうとう咳のしすぎで、耳が、聞こえなくなりクリニックへ行った。

良かった!と思うのも束の間、留守番のモーリスがプールに入るという。
ここのうちのプールは温度設定ができる。
私はクリスチャンから30度と聞いていたので、
プールに手をつけて、30度じゃないと思うとモーリスに言った。
それをものともせずにプールのカバーをまるめて、半分くらいのスペースをつくる。
まるで巨大なお風呂カバーだ。



His swimming pool in 30 degree.


Mauris is 91 years old. His training was for 1 hour!


何かあったら、クリスチャンに叱られちゃう。
私がモーリスを、守る.......
がしかし、鉄人モーリスは健在だった。
水の抵抗があるのに、腕を前から後ろからと動かしていく。
プールサイドで同じ動きをする私。
ずっとするから、何回するの?と聞くと。
500回と言われた。思わずフランス語の聞き取り間違えたかなと思った。
想像してみてくださいね。
91歳が、黙々とトレーニングする横のプールサイドで、同じ動きについていけず
根をあげる私。そして網でカバーの上に落ちた葉っぱ掃除している私。
まったくマヌケです。
そうこうするうちにクリスチャンがドゥニーズと一緒に帰宅した。
お昼ご飯の用意しなくちゃ、とプールを去る。



I made Sushi and soup for lunch.



Denis and me


ちなみにドゥニーズは92歳。綺麗にして、いい香りがする。
ビズは二往復。
間違えてキスしちゃいそうです。
食後はみな自分の好きなことをして、クリスチャンと私はカンヌの街へお散歩しにいきました。
具合が良くないのに、楽しまそうたしてくれているのです。
無農薬スーパーマーケットで買い物をして、配達を頼みます。
私はクリスチャンのために作るホットドリンクに入れる生姜だけ
持ち帰りにしました。
カンヌのメインストリートは人があふれんばかり。
一軒、とてもポップなお店があり、そこでパレットと絵筆の形をした
チーズ用カッティングボードとナイフを買ってもらいました。
陽が落ちるとさむくなるから心配でしたけど、無事帰宅。



Mauris et Christiane


モーリス、クリスチャン、たくさんの愛とエネルギーをありがとうございました。
パリ・オペラ座の特集番組をみながら船を漕いでいる私でした。
おやすみなさい。
お楽しみ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

クリスマス Saint-Paul-de-Venice


The decoration of traditional sweets in Provenance.


ボネ夫妻のお友達で、ホリデー用の家をもつジャッキーのところへ
クリスマスを一緒に過ごします。

普段はパリに住んでいて、ホリデーはプロバンスで過ごす。
人生は美しい!
クリスチャンの運転でカンヌから1時間ほどのところに
サンポールドバンスはあります。

門のところで孫のアルテナとパグ犬モリトーが迎えてくれました。



わ、なんて素敵なの。
古いオリーブの木もあります。





入り口は暖炉のあるキッチン。
いい香りがしています。
食卓にはセッティングされていますが、
まずは敷地内を散歩です。
不在の時は管理人がいるおかげで、きちんと手入れされています。
アペリティフはシャンパンとフォワグラ。



We enjoy champagne and foi gras.


私はワインに弱い。この楽しみが後になって貧血を呼び、
1時間ほどアルテナのベッドで横になっていました。







ちゃんと食べるものは頂きましたけどね。
庭からとったインゲンやジャガイモ、そしてチキン。
美味しい。土地の恵みと愛情がこもっています。

別室でおしゃべりに花が咲き、プレゼント交換しました。
日本から何かのためと、持って行った青野健の作品集とか
役にたち、ホッとしました。
私も香りのいいサボン(石鹸)とか、スカーフなど頂き嬉しい限り。






Thank you so much Jachy, Alexandra and Altena!


陽が傾く頃、お暇します。
すぐにまたお会いしましょう。


実はこの日の朝、大変なことがありました。
ボネ夫妻の友人であり、私も親しくしていたジゼルの具合が悪くなり、
クリスチャンは朝から彼女を助けるために奔走しました。
そして、ジゼル入院。

帰り道、私達はジゼルの病院へ行きました。
弱っているけど。綺麗にしている。
手を握ってパワー送るからねというと、サチコありがとう。
としばし固く握り締めていました。
想像してみてください。
83歳のクリスチャンが朝から友人を助け、往復2時間以上も運転する。
咳が止まらず彼女自身もしんどいのに。
ここ二日ほど、明け方にキッチンでクリスチャンと語っています。
彼女が苦しそうにしている物音がするからです。
今回の旅で楽しくて素晴らしい光景を見ています。
でも明け方のキッチンで、互いにパジャマ姿のまま、
語ることが、私には旅の真髄を感じさせています。
たぶん、ぎっくり腰のままフランスにきていますが、泣き言言えません。
重い物をたくさん持って断捨離して、こうなっているなんて、
小さいことです。


さて、ジャッキーの作るアクセサリーはとても素敵です。
日本の三越でも展覧会したこたがあるくらいです。
私の将来に、ジャッキーと、アレクサンドラも増えました。
来年は面白くなりそう。
お楽しみ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

オイスターでクリスマスイブ


The Bonnet is like a museum. Ken Aono’s artwork decorate too.


いつ来てもボネ家はまるで美術館のようです。
長年の審美眼の賜物。彼らの愛犬だったハスキー犬、サントーも青野健の
作品でダイニングの壁に飾られています。
甘い目を持つサントーは17歳までボネ夫妻と、あちこち旅してました。



Monsieur Morris Bonnet at his atelier.
画家 モーリス・ボネ91歳、毎日水温30度にした自宅プールで泳ぐ!


Madam Christiane Bonnet is checking something with her iPhone.
マダム クリスチャン・ボネ83歳、ラウンドローバーを運転する毎日。溢れるほどの愛情と知性を感じる女性。


もう20年以上に遡ります。春や、夏はここカンヌで過ごし、
夏はモンブランが正面に見えるメジェーブで、過ごす。
健と、私は、そのどちらにも何回も訪れていました。
素晴らしきかな人生を見せてくれたボネ夫妻。
こうしてまた、会えることに感謝です。
さて、イブのランチはコートダジュール沿いのレストランへ。



at Cannes


Lunch at seafood restaurant


ニース空港からカンヌへ向かう車中から、サチコはオイスター好きかと聞かれていました。
うんうん、大好き。
生カキが、こんなに美味しいなんて。
日本の生カキももちろん美味しいけど、フランスの牡蠣はなんていうか
とろけるように優しくて、セクシーです。
食べ物にこんな表現はおかしいかもしれませんが、心底こんな感想が生まれました。
食後は一人で散歩です。
クリスチャンが書いてくれた地図とグーグルマップがあるから大丈夫。



Côte d’Azur


カンヌ映画祭の場所から海岸へ抜けて行きます。
途中沢山のヨットやクルーザーを横目で見ながら。
夏だと、海はまさしく紺碧ですが、冬はそれほどでもありません。
それでも日差しは強く、暑いくらいでした。
途中で迷ったところはお巡りさんに聞いて、無事帰宅。
日が落ちる頃、部屋の隅はクリスマスモードになっています。



Christmas Eve


ディナーは私が作るで、散らしずしとポアロースープ。
クリスチャンはチーズとパン、近所のマダムが作るフランボワーズ入りの
チョコレートケーキを用意してくれました。



I made Sushi and poireau soup for dinner.


拙いフランス語を絞り出し、人生、友人たちの話に花が咲きます。
ボネ夫妻は強く人生を生きている。
私の夢もじっくり聴いてくれました。
彼らと一緒にいると、歳など言い訳にならないと感じます。
ほんとうに来て良かった!
まだまだ滞在は続きますが、パワー満充電なること請け合いです。
メリークリスマス!


お楽しみ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

カンヌ到着!やっとこさ。


Munich airport. It is huge. I had to walk many because The gate was changed several times.


年賀状とかクリスマスカードの準備をすっかり忘れて
飛行機に乗ってしまいました。
幸せにもブロイラー状態で、機中を食っちゃ寝で過ごし、
ミュンヘンに着きました。
久々にフランス、カンヌの友人宅で過ごします。
これから数日、日記かわりにアップしていこうと思います。

しかし空港広すぎ。しかも、ゲートが、ころころ変わるので端から端まで何回も歩きました。
ま、カロリー消化しないとね。
カンヌいきの小型機は、きらきら光るサンタさんの帽子を被った
子供や、子供へのクリスマスプレゼントを抱えたお父さんがいたりして、
ホリデーシーズンなのだと、ひしと感じます。

ニース空港にはクリスチャンとモーリスが迎えにきてくれました。
なんだかんだと10年近く会わなかったのです。
83歳のクリスチャンも、91歳のモーリスも歳を重ねているけれど、
元気です。
なんたってカンヌからニースまて、運転するのだから。
モーリスが、昔言っていました。
病院で、管を繋がれて長生きするのはだめだ。自分の人生をいきていない。
いきなり元気づけられました。
コートダジュール、紺碧海岸にそって30分ほどでカンヌに到着。
暗くてモーリスの作り上げた庭はみえないけど、池の水音が聞こえてきます。
懐かしい。明日の朝はプールも見れます。



This is my room. Christiane prepare and said you can use as your own room.

お家全体が美術館のようだけど、何度来ても私を包み込んでくれる。

滞在中の予定を軽く聞いて、お土産を渡した。
その中には、小坂公一作の漆の器もあり、ガラス棚に収めていた。
あのう、それはね、用の美だから、使ってナンボ・・・
ま、いいや。兎に角気に入ってくれた。
果物と水を持って自室に戻ってきました。明日が楽しみです。
ではおやすみなさい。
お楽しみ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

Muay Thai


Muay Thai is a kind of kickboxing.
It was fun time. I will start Muay Thai!

語学を一つ、スポーツを一つ、楽器を一つ側に置いておくと
人生が、楽しく充実したものになる。
って何十年も前に聞いて、
私はフランス語、水泳、ピアノをあげていた。
が、今日からは水泳にかわりムエタイになりそうです。
友人に連れついってもらった、東京、人形町にある
Faithフェイスというムエタイジム。
オーナーのしっかりしたコンセプトと、女性に配慮したジムは
汗臭などなく、めちゃくちゃおしゃれ。
1時間のレッスンは汗びっしょりになり、爽快感に包まれる。
この歳になってボクシングとはね。
お釈迦様でも、気がつくめー。
というお江戸の一日。



Japanese sweat. Brown tea ice cream is yanmy.


人形町界隈はビルの間にまだ、魚屋、豆腐屋などが店をはっている。
これだから東京は好きだ。
豆腐屋で、銀杏入りのがんもどきを買った。
すかさず、弟にライン。
明日の朝食に登る予定。


最後は友人のおすすめ、漢方アロマへ。
お尻をゴリゴリ、身体全体を水牛のツノでできたヘラのようなもので
マッサージしていく。

最近ストレスマックスでした。
でも、昼に広尾のカフェテラスでいただくパリパリのバケット。
昨日とはうってかわっての爽やか日差し。
ムエタイ。
ほうじ茶みつ豆。
漢方アロマ。
小骨が刺さっていた問題も、ようやく方向性が見えてきた。
あとは、やるのみ。
友人たちの優しさが身に染みる。
みんな、ありがとう!
お楽しみ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

貯金と貯筋


My expectation will be savings and build muscle from this autumn for my future delight.


まだ暑いけど、でも秋になってきましたね。
いろいろ考えて
尊敬する人との会話から
ふわっと浮かんできました。

貯金と貯筋

秋からのお楽しみになりそう。
今までの使ってばかりから、
気に留めることを意識してみようかと。
この可愛い豚の貯金箱は青野健と結婚した当時、
Mr.Sから、”使ってばかりではなく、貯めてね”と言葉を添えていただいたものです。
30年近くの時を経て、本気のお友達になります。
500円とか、細かいお金とか、こんなとこから始めます。
遅いって?
いえいえ、そんなことないっす!
最近思うんです。
死ぬまでチャレンジできる。
ダメと制限してしまうのはもったいない。
せっかくこうして生きているから大事にしましょうと。

あともう一つは貯筋です。
残念ながら、身体は歳を重ねていきます。
あらがうわけではありません。
生活の中に貯筋を取り入れていきましょうと。
そこで、来月の上京ではマダムIがはまっているムエタイを挑戦!
楽しみです。
ホットヨガにサボりがちに通っていたら、五十肩もほぼ治りました。
ならば次は、肩甲骨動かして足上げして、きっとムエタイって
ハードであり楽しいのだと思います。
もちろん、無理はできませんけどね。
歳とるのも悪くないと思うのは、生活の知恵がついて、なんか心が自由になることかもしれません。
お楽しみ | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | - | -

Concert de piano et alto のお知らせ

 

ogushi400

Don't you enjoy the sound of Piano /Sho Ogushi

and of Viola /Kazuhide Iino at one summer night!

 

Date: 25th August sun.  19:00

At: Yoshu Hall /Mori bidg.2F, 1-4-11 Minamisenba,

      Chu0-ku, Osaka

Ticket:¥3,500, ¥2,000(students), Free(preschooler)

Contact to: info@shoogushi.com

 

わくわくするご案内をさせていただきます。

小串翔さんのピアノと飯野和英さんのヴィオラのコンサート

が8月25日(日)大阪・南船場のYOSHU HALLで19時

から開催されます。

 

小串翔さんのピアノの音色と、音楽に向き合う姿勢、

そしてコンサートを決して一部のクラシックファンに

向けたものさせない構成、控え目ながら面白いお話。

たくさんの魅力があって、いつも足を運んでいます。

 

また、ヴィオラの飯野和英さんの音色はおおらかで

時に力強く、バイオリンとはまた違った魅力を感じて

いただけると思います。

オーケストラの中の一楽器としてしか知らなかった私は

前回のコンサートでとても感動しました。

 

小串さんは普段はベルギーですし、飯野さんは仙台を

中心に活躍されていますから、この機会に是非参りましょう♪

連絡先はinfo@shoogushi.comまで。

青野までご連絡いただいても大丈夫です。

 

 

お楽しみ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -