青野健美術館への道

わき目ふりふり
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

日常と非日常 Ordinary & Extraordinary


South east of Hongkong
The sounds of wave come and go.
It was extraordinary moment.


一週間の出張だというのに、やることがすすまず焦り気味。
それはそれとして、二人の上司と一緒なので、いつもと違い非日常も楽しめます。
つづれ折になっている道幅の狭い峠をタクシーは
ガタガタとスピードをあげて走っていきます。
ご招待をしてくれた若いカップルはとても気持ちの良い人たちで、
食事もさることながら、寄せ来る波の音を聞きながらの
ディナーを整えてくれました。



Burning fish !! Fire?


フレンチスタイルとは言え、ヨーロピアンが通う店らしく、
ボリューム満点です。
なにが嬉しいって、大盛りです。



This restaurant is very attractive decoration but every plate is soooo nice.


こちらは雑誌に載っていたとかで1時間待って入りました。
だいたいこのテのレストランは見栄えだけと思っていた私。
裏切られたなぁ。独創的で、しかも美味しかった!



It smells ordinary life.
I bought a medical cream which is Japanese brand but
The name is written by Chinese caractor . LOL.


今回のホテルは下町の香りプンプンです。
せっかくだから晩御飯を食べに行ったついでにウオッチング。
サトちゃんの看板があるお店でオロナインを買いました。
効き目は同じ。
さぁ、連日豪華ディナーをしていましたから、
今晩はソウルフードにいたしますよ。


My favorite soul food. Laksa and Kankon stay fry !


かれこれ30年前(びっくりするわ、この数字)にシンガポールで
仕事をしていました。
その時に食べて衝撃をうけたごはんが
ココナッツクリームとスパイシーなものでスープが作られている
ラクサ。
そして、日本では空芯菜で手に入りやすくなりました
カンコンの炒め物。
満足満足。部屋に戻ると、眠くなってきました。
ほんとうに眠い。
もう、寝ましょう。
おやすみなさい。ZZZz
お楽しみ | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

A bientot さようなら、またね

pierre1

Pierre CHRISTIN He is a french maestro of fine art. We are

very happy because we can meet after a long time.

 

 

キャー!!!サチコ〜。キャー!!!サビーヌ。

今日は大変嬉しい午後でした。

パリから数十年来の友人一家が京都へやってきました。

タクシーの運転手さんもわからない場所になんとかフェイスブックの

メッセンジャーで話しながらたどり着く。

え!?ここなの?

 

 

pierre2

Gallery Nichido prepared a traditional japanese style house

'Machiya' for them. Wow!! C'est super!!

 

 

偉大な画家ともなると、こんな素晴らしい場所に縁ができるのですね。

中は和ですが、ベッドとかもあり、キッチンも使い勝手がよく、

朝ごはんは滞在中、ここで食べるのねぇ。

土間で珈琲やら、抹茶ラテなどと焼き菓子をつまみながら、懐かしい

話や近況に花がさきます。

 

カンヌのモーリスは98歳で歩けないけど、絵を描いてるよ。

クリスチャンは元気だよ。

 

健と初めて会った時は面白かったなぁ。小さいハーモニカを首から

ぶら下げて、ラマルセイエーズ(フランス国家)をふくんだよ。

みんなで大きな声でうたったよね。

 

サチコ、だれかいい人できた?

 

まー賑やかなこと。

ピエールの奥さんのニコル。

彼らの娘のサビーヌ。サビーヌのパートナーのマルク。

サビーヌの娘ルナ。総勢5名様ですのでね。

いきなりのフランス語の嵐でございました。

 

 

nicole

The beautifle family. Pierre and his wife Nicolle, their grand

child Luna

 

sabine

their daughter Sabine. She is also an artist. and Marc.

It is first visit to japan for him. Bienvenue au japon!

 

 

通常ならタクシー乗る距離だけど、散歩しようとなりました。

サビーヌがグルテンがだめで、グルテンフリーのパンをさがすこと。

 

ルナは’ソンエン’行ってみたい。 なんだそれ。。。あーcent-Yen.

百円ショップでありました。

みなさん燃えてましたよ、ソンエン。

 

ディネ、夕食は刺身が食べたいと。友人の京都在住のDr.Dへ電話する。

神奈川の三崎のマグロは有名ですね。

その専門レストランへ行きました。

またまた弾丸おしゃべりに夢中で写真はありません。

そんなこんな。

 

帰りも歩くと言う。私がとんでもない所に連れて行ってしまい、

最終的にルナのナビで45分かけて帰っていきました。

お別れは四条堀川の交差点。

みんなとビズを交わし、来年は必ずパリで会おうねと。

うん、うん、必ずそうする。

ニコルがAu revoir オルボアール(さよなら)じゃないのよ。

A bientot アビアント(またね)だからね。

 

ピエールはしっかり抱きしめてくれました。

そして何度も何度も振り返って。

 

私たちはどんどん年齢を重ねていきます。

こんどいつ会えるかわからない。

 

一期一会。君に会えて僕はうれしい。 讃:青野健

 

ほんとうにそうなの。どうか元気でね。

暖かい気持ちをたくさんくれて、ありがとう。

 

J'ai passe une super apres midi avec vous.

Je vous embrasse.ハート

 

 

お楽しみ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

ディナー


The last day off in Hongkong. A short trip to New territory area.


高熱が下がっても、外気と殺人的エアコンの狭間で
苦しいまま仕事をしていました。
出張で来ているので仕方ないのですが、ほんま辛かった。
喉は咳の出過ぎでまったりと肥厚したままです。
それでもやっと明日、帰国です。
ミッションはほぼできたかな。
今朝は少し寝坊して、それから会社に行きました。
昨晩のうちに、明日の日曜日は開いているか確認しておいたから。

片付かない事務仕事をしていたら、
午後9時過ぎに、お客様からディナーのお誘いがありました。
スタジオの中のテーブルには、
サラミ、サラダ、チーズ、パン、スープ、スパーリングドリンクなど。
彼女のダンスの先生と、私とディナーの始まりです。
ビィビィアン、いつも夜のレッスン前に先生のために
ディナーを用意していますね。
彼女はクールな印象を持つ人だけど、
1人でご飯を食べたくないし、レッスンの前にはエネルギーをいれないとね。
私がご馳走さまと席を立とうとすると、
ちょっと待って、と黄金桃を出してきました。
ナイフで二つに割って、私に渡すその風情もクールそのもの。
ここのところ、いつも遅くてレストランが閉まっていたから、
夕食が適当でした。
それでこのスタジオでいただくディナーが暖かく、豊かな気持ちに
させてくれたのは言うまでもありません。
それから頑張ってみたものの、エアコンの止まった事務所は
私の集中力を阻み、23時前にギブアップしました。
スタジオからは音楽と、意見をやりあっている声が聞こえてきます。

そんなことで、本日昼前に会社到着。
昨晩のディナーと睡眠が残りの事務仕事を小一時間で終わらせてくれました。

ランチを日本食で予約してくれていたので、
後輩2人に会いました。
各々に伝達事項がありでしたが、
退職した後もさらに幸せそうなのを見て
一安心。親子ほど離れているからねぇ。

さてさて、少し遠いところなんだけど、
気になるところだから、思い切って行ってみました。
香港の電車路線図見てくださいね。
南のコーズウェイベイというところから、北西の
元朗というとこまで行きます。
40分ぐらいなら、遠いとは思わないけど、
こちらの人にとっては遠いらしい。
地下鉄が地上にでると、そこは緑いっぱいの田舎の風情が漂っています。

駅に着いたものの、こりゃ地図みてもわからない、という複雑さ。
タクシー捕まえて行ってもらいました。


He is ornery of coq bowl company .


なんだと思いますか。
あのね、ニワトリ柄の器の専門店なんです。
シティでも、ありますがここはその比ではない。
なぜニワトリ柄にこだわるか。
いまから遡ること20年前!!
シンガポールで仕事している時、
たなごころに収まる、なんともいい感じな器をいつも見ていました。
お客様の1人があれにアイスクリームとかのせたらいいわね。
と言ってらしたのが忘れられず。
それなのにその器を捜さないで帰国してしまいました。
そこまで、こだわるか。
そんなものでしょう、こだわりって。
前々回に買った丼はプリントで、柄も違う。
これじゃない。けど一つ購入しました。
今回風邪でうんうん唸っていたとき、
香港の料理番組で使われていた器にロックオン??

調べたらありました。なんと専門店です。
この写真のオーナーは親切で一個ずつ指で器を叩き、
鈍い音がするのは、ほら、キズが入っているからダメね。
と交換してくれました。
日本に帰って、綺麗に洗ってから披露しますね。
あーこれで長い間の思いの一つにけりがついたわけです。



At city super in Central. This is today's dinner.


シティにもどり、週末の贅沢、シティスーパーで夕食を買いました。
ほかほかに温めてくれたパスタと、
アボカドサラダ。
明日はいよいよ帰国かと思うと、安堵します。
喉のことで病院に行こうかなぁ。
薔薇たちはどうしてるかな。
メダカは?
なんだか眠れない。
お楽しみ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

ミラーボールとタイ式マッサージ


flower show in Hongkong


There were so many people who shoot by my self before flowers . I think this is not flower show, it is self photo festival !


お久しぶりぶりです。今日の香港は1日雨でした。
だけど、本日最終日のフラワーショウを観に行ってきました。
薔薇がたくさん見られるんだ、久しぶりや。
心洗われる日になるはず!でしたが。
セルフィ用の棒を持った人でごった返し、
花はあくまでも背景の一部にすぎず、
学究的なスミレのコーナーにはだれもおらず。
なににもまして、花は首下で切られディスプレイの材料となり、
おいら、悲しくなっちまった。(涙)
それでも、クロッカスの小さな鉢をお母さんに買って貰って
大事そうに胸元で両手で持っていた女の子
を見たときはホッとしました。

大事にそだてようね。きっと綺麗な花が咲くよ。

そして白い蝶と蜜蜂に会えた!
セルフィの嵐の中で、命が紡がれていくのをみて
嬉しくなりました。


さて、わたしの怒涛の1週間はミラーボールの下で
頑張っていました。



Asian tour in Hongkong
Hevenly's party with my ball room teacher Loris
Sergey's birth day party
I had spent under the mirror ball .


香港の社交の場は華やかです。
国際協議会だって決勝はディナーを取りながらですから。
急遽決まった参加ごとに、私はZARAに走ったよ。
ここならパーティー向きの服もあるからね。
日本から迎えたお客様を外国のディナーダンスに
ご案内する。慣れてきたけどまだまだです。



High tea at the Peninsula . All the finger food looks like a art!
We had been to Jumbo restaurant at Aberdeen.


お客様がいらしてくださるおかげで普段行かない
場所にもいけました。例えば、
名門ホテルのペニンシュラでハイティをする。
フィンガーフードの見た目も味の素晴らしいこと。
そして何をいまさらとお思いの方も多いと
思いますがアバディーンの水上レストラン
ジャンボ!
内装改装、シェフ交代で良くなったと。
やはり老舗はちがいます。旅行の思い出の1役を買ってくれました。


たくさんの反省点を残し、今日の休み。
フラワーショウではリラックスできません。
予約しておいた、タイ式マッサージへ向かいます。
バンコクでシンガポール人の友人に連れて行って貰った
あの森の中のマッサージが忘れられず。
日本も最近あるけど、高いし、技術的にどうよ
というところで思い切ったトライです。
結果はねー、
良かった!ストレッチと筋肉剥がしとマッサージが
一体になった感じ。
タイのそれとは違うけど。
ここもタイ人がしています。
90分で400香港ドル、6000円くらいかな。
あと数日で帰国ですが、4月来た時も来ようと
思えた。

さぁ、明日からハイスピードでやること片付けないと。
コップンカー(^.^)
お楽しみ | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

なんちゃって香港ナビ


Hogkong Tram


お客様に案内して頂き、トラムというチンチン電車に乗りました。




2nd floor is so nice seat in this season. The fresh air come to me!


およそ、観光をしていなかった私は
このレトロなそして実用的な乗り物に
魅了されてしまいました。窓から入る風が気持ちいい。
子供みたいに二階の一番前に陣取り行き交う
他のトラムの写真を撮ったりしていました。
お値段は30円くらい。使わないテはありません。



Mango, Bananas and Japanese soy milk hot pot! I became the electric cooker chef !


その日の晩は、るんるん気分で
帰宅したのは言うまでもありません。
途中のスーパーマーケットで豆乳、刻み野菜、エビシューマイを
購入して、豆乳鍋に挑戦。
ホテルの部屋には冷蔵庫がないので、
材料は使い切りのものを選択します。
日本から持ってきたフリーズドライの野菜味噌汁が隠し味。
満足でございます。


そして本日、11日ぶりの休日!

もう、幸せ。まず、寝坊。
フロントからお掃除どうするのコール。
えっとね、3時くらいにお願いします。
お洗濯をする。干す。あ、これ便利です。膨らます、ビニール洗面器。



This plastic bowl is very nice to wash clothing.


若い頃にモルジブへ行っていた時に使っていたものを
引っ張り出してみた。超便利。
お婆さんは川に洗濯に..,,,現代版ですよ。
さてさて、お部屋をお掃除してもらう間どこに行こうか。



Chinese foot massage.


足裏マッサージに行ってみました。
痛い、けど気持ちよい。ボディも入れて
80分コースで4500円くらいでした。
足裏はいいけど、ボディはキツくて
私には合いませんでした。さてと、お腹すいた。
そこで近くのビルに讃岐うどん屋があるので直行します。



This Japanese noodle restaurant is very cheep one in Japan. but in Hongkong it was one of dating spot.


気軽に食べられるチェーン店が、香港では
内装は日本と同じまま、立派なデーカスポットだった!
なので、わたしもフルコース。



Chinese traditional health tea.


マッサージ、日本食(フルコース)と
続き、健康茶屋を初体験。
中医ということばがありますが、
陰陽五行に基づき、季節と自分に合った飲み物を選びます。
私は因みに高い飲み物を勧められた。
先ほどの日本食フルコースのお値段と
さして変わらない飲み物は、漢方膳として作るバクテー
のスープの味がした。
量の多いこと。おトイレ我慢してホテルに帰宅した。
部屋に戻ると綺麗にベッドメイクされていて気持ち良い。
そこに寝転んでブログ書いてます。
こういう小さな幸せが好きです。

とても良い1日でした。
お楽しみ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

ウチの近所 My neighborhood


Hongkong cookie shop


仕事場と宿舎の行ったり来たり。

夜の仕事は、部屋にあるちびちびの洗面台での洗濯。

単調のようであっても

改めて一人の生活者としての我が身を知る良い機会です。

今更ながらに青野健に感謝して、

恥ずかしくない生き方をしようと思いいたりました。

帰り道にいろいろなお店をのぞく余裕がでてきました。

夜のとばり、怪しく光るクッキー屋さん。

買ってみました。



Rice cookie is nice but butter cookie is ....

素朴なクッキーで、たっぷり積んで、私を呼ぶから

お餅は美味しかったけど、バタクッキーは卵の黄身の味。

この食いしん坊の私が残しました。

このお店ではピーナッツの入っているお餅だけを買おう。



My second experience "cleaners"


この間の安い洗濯屋さんの手前の洗濯屋さんに入ってみました。

日にちは3日かかり、アイロンはした方がいいと

営業かけられ、3倍の値段とられました。

やっぱりこんどは50年の実績を持つ安い洗濯屋さんにしよ。

でもここの洗濯屋さんの名前は凄い、理想、だって!



gallery in central


宿舎の隣が、外国人記者倶楽部で、

そこの一階が画廊になっています。

韓国の画廊もそうでしたが、ここの画廊も残念です。

芸術の裾野は広いにこしたことはありません。

だけど、外観とか画廊空間がいいのに展示内容が

ま、個人の、好みありますからね。

〔小声で〕つまらないんだなぁ。


日本のアートシーンの素晴らしさは世界屈指だと思う今日この頃。

夕ご飯は会社の隣の食堂で、干し椎茸と鶏肉のコンジー(中華粥)と

青菜の蒸しものオイスターソースかけ。

とても美味しゅうごさまいました。

ではらおやすみなさい。
お楽しみ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

ゲージツの秋 今月の1枚更新

pierre1

pierre2

Grand artist 'CHRISTIN' He sent me invitation his exhibition

at Paris. Ken and I love his world.

 

秋は食べ物と芸術と。。。あと何がありますかね。。。

ピエールから久しぶりの個展の案内がきました。パリですから

そんなにちゃっと行けませんけれど、1996年に知り合って、

もう20年になるんです。

 

奥さんのニコルが芸術家の生活は大変なのよ。年金とかいろいろね、

と言っていたこと。お金も大切だけれど、彼らの地に足のついた

生き方や、自分たち独自の生き方に誇りを持って生きている姿には

大いに勇気づけられています。

 

フェイスブックで友人になっているサビーヌ・クリスタンは彼らの

一人娘ですけれど、彼女も自分の生き方に誇りをもっている

芸術家です。弱っちい私に元気注入してくれる人です。

 

 

shingu

SUSUMU SHINGU  I received a fantastic invitation!

He is a sculptor of wind who is showing his artwork

all over the world and a old playmate of Ken Aono.

 

新宮晋さん、風の彫刻家。関西空港の天井でゆらゆらしている

のは彼の作品です。そして偉大な人はごく自然体です。

いつもご案内くださってとても嬉しい。幼馴染の青野健も

幼い新宮さんに絵の指導をしていた青野馬左奈(健の父)も

はっちゃんにいつもおくってくれはってありがとうと言っています。

封筒を見るといつも二人のそんな声がきこえてくるのです。(涙)

 

 

■今月の1枚更新 Ken's artwork was renewed

晩年、健は大木惇夫さんの詩が好きでした。

秋にみのる果実に詩の一部を書いています。

青野健 遊びの水墨画 サイト

artworkのボタンでご高覧ください。

http://www.aono-ken.com

 

お楽しみ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

私が戻ってきた

銭屋

銭屋ZENIYA  I could find a cozy corner in Osaka.

 

 

三連休で1日出勤、そして二連休。。。あまりない勤務

 

です。シフトで動くとこんなこともあります。これが実に

 

ラッキーだったとわかりました。三連休はひたすら疲れを

 

とる。仕事の連絡あるいは、ちょっと仕事をしたって

 

気持ちが楽。1日の出勤で仕事量が予想できるから事務

 

仕事は自宅ですます。そして、出勤。やっぱりね。終電を

 

逃して、別ルートで帰宅しても心が軽いのは二連休のおかげ。

 

そして、この二連休で掃除、洗濯、薔薇の手入れ、ごはんを

 

作る。さもないことがぐんぐん私を元気にしてくれました。

 

 

朝食

朝ごはん 自家製麹漬の鯛なんか焼いちゃってね〜。

 

夕食

夜ごはん  ポトフとアラビアータでがっつりですっ!

 

 

で、今日。久しぶりに書家・瀬原加奈子に会いました。

 

来年4月に銀座・鳩居堂で展覧会をするので、その打ち

 

合わせです。打ち合わせは三十分ほどで終わったけれど、まぁ

 

でてくるでてくるたくさんの情報が。みんな魅力的で面白い。

 

日本のみならず、世界のあちこちとアートを通して繋がって

 

いくわけです。歳もとってきているけれど、こういう財産が

 

光り始めてきましたよ。生きているってエキサイティングだなぁ。

 

 

さてと、久しぶりにコーン祭り。。。

 

パンダコーン

大坂に現れた、オレンジパンダ。フォルムがいいね。

 

富士山コーン

先日の上京時、家族で行った洋食ホーマーの前にあった

富士山!桜桜桜

 

あさって、10月18日は青野健の命日です。

 

健のこと話そうね。ではおやすみなさい。

お楽しみ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

お盆休み1-2日め

Obon holiday day1-5

I think I am one of best coordinator for 1day trip!

Kyoto and Nara with Roberto Massa.


今年はほぼお盆休みに連休が取れました。

ま、仕事の都合にあわせたら、ここだった、なんですけれど

ともかく5連休はてんこ盛りのイベントが入っています。

自分のメモのためにもアップさせていただきます。

1日目は早朝4時起きで、ダンサー1人をリムジンバスまで

送るミッションからスタート。

約一週間を一緒に協力して仕事してきた仲間です。

感謝とともに、見送りました。

その後、私のラテンダンスの先生でもあるロベルトを

京都、奈良観光へ案内しました。

日本に興味あるものの、初めて触れるジャパンの

 

歴史文化はいかがだったかな。


Onon holiday day2-5

Sho Ogushi(Piano) & Tamako Azuma

(Violin) Duo concert in Osaka


昨夜は写真家・小串周三のご子息、パリ在住の

ピアニスト小串翔とバイオリニスト東珠子のコンサートが

ありました。受付嬢でお手伝い。

そのあと、ちょっとMCも入れて。

中之島公会堂という立派な場所なのに暖かく流れる

 

アットホームな感じは主催者の心遣いのたまものです。

終了後はパリとブリュッセルから各々持ちかえってくれた

チーズとワインでお客様におもてなし。


こんなコンサート素敵ですね。

あと3日も休日が続きます。うれしー!

ではみなさん、Have a nice day!!晴れ

お楽しみ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

Two three Cha Cha One!


Breakfast at the Ritz Carton with our Chisaki, her mother and me.


帰国の日。

朝食をとりながら、いろいろなことを話します。

前向きな話は気持ちがいいですね。

現実にぶつかって、艱難辛苦があったとしてもヤマを越えるのは、

後になって自分を褒めてあげられるから。

思えばシンガポールで仕事をしていた時、

いつももっと強くなりたいと思っていました。

その方法がここに来て分かった次第です。

遅いわねぇ。





さて、私のラテンダンスの先生、ロベルトのレッスンを

受けにタクシーにのります。

バゲージのチェックインを社長がしてくださると

またまた甘え、身軽に待ち合わせの場所に向かいます。

ほんまやぁ、タクシーを降りるところにロベルトがいる。

スタンドで、コーヒーをご馳走してもらいつつ、仕事の話。

さて、いよいよ2時間近くのレッスンが始まります。

今回の種目はルンバとチャチャチャ。

ロベルト先生は何回も何回も繰り返してくれます。

覚えが悪くても、褒めたり、コラァと叱られたり、

カウントを口ずさみながら、動きを確認します。

ツー、スリー、チャチャ、ワン!

違うよ、サチコ、ワンはストップだ。

何回も同じミスをしても我慢強い。

習いながら感心してしまう。

出来るとめちゃくちゃ嬉しそうな目をする。

2時間のレッスンはあっと言う間で、

帰りの飛行機の中で足のだるいこと。

まだまだですね。

機内食も残すという、私からぬ状況。

もっと練習したら楽しいだろうな。

パーティを見ていると、踊れないのがどんなに

つまらないかがわかります。

お小遣いためて、もっとレッスンしましょう。

たくさんの宿題と勇気を抱えて、現場に戻ります。

こんな機会を与えてくださった会社に感謝します。

とりあえず帰宅したら、足のマッサージをばいたします。

ではではチャオ。
 
お楽しみ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -