青野健美術館への道

わき目ふりふり
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Salade nicoise サラダニソワーズ


Salade niçoise ! It can be queen of French salad. I could enjoy making and eating.


久しぶりのサラダニソワーズ。
フレンチドレッシングを作るのにリンゴ酢使ったらマイルドになりました。
アンチョビが余っていたからの、満足サラダ。
ですが同時に作ったスペアリブは焦がした!
焦げを剥ぎながら食べましたけどね。
ま、そんなこともあるある。
ドンマイです。
雨ばかりの日々、鬱陶しいけど晴れ間はとても光が綺麗ですね。
良い一日を!
「う」のもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

ついに出会った!


EIZO.....Finally I could find my “Glass shoes”!!!!!!! I could not find shoes that fit my feet . Because I have high insteps and wide. EIZO is perfect shoes for me.


私は靴が好きです。
靴磨きも好きです。

だから数十年前のものも履いています。
ところが最近異変が起きました。
サラリーマン生活をあたふたと送って、
靴磨きもせずに履いていたら、いろいろなダメージがでてきました。
とくにハイヒール(あまり履きませんけど)が、傷が酷くなってしまいました。
それにいくらまだ履けると言っても、時代に合わないものもあり。
そこで一念発起。
靴といえば、神戸。
神戸といえば、大丸の靴売り場。
打ち合わせのあと、電車に乗って向かいました。
足に合うパンプスを一足買えたら嬉しい。
そんな思いでした。

広い靴売り場は、たくさんのメーカー商品が並んでいます。

ここのは、あかんかったなぁ。
ここのはいいけど、コンフォートすぎておしゃれ感が今ひとつだなぁ。
これいいけど、絶対無理な木型やなぁ。

などなど、回遊魚のごとく、何回も回って、EIZOという聞きなれないメーカーの前で佇みました。
コンセプトがいい。
美しく、履きやすく、軽やかに、

なるほどね。

お客様、承りましょうか、と若い販売員さん。
感じがいいやりとりのあと、こちらの希望とあちらのおすすめを履いてみることになりました。
今更ですが、販売員の力はこういう時わかりますね。
びっくりするくらい、履きやすく痛くない。
そうするといろいろおすすめをだしてくれる。
結局なやんだけれど、靴箱の中を大整理するんだからと、
三足大人買いしました。
一足あたりのお値段もいつも買う価格帯の半分くらいです。
なんでも材料の購入に何件も通さないシステムの会社だそうです。
ま、それにしても三足は私にとって勇気のいることでした。
ルブタンの靴ならまだ一足買えないからいいか。
これからは、服も靴も数をなるべく少なく、
いつも小綺麗にしておきたいと思う今日この頃です。
明日は靴を大整理。ワクワクするな。
お気に入り | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

ルドルフ・ヌレエフ Nureyev


Rudolf Nureyev ...My eternal super star of ballet. I watched movie “White crow”.
It was special moment ....


友人とルドルフ・ヌレイエフの伝記映画「ホワイト・クロウ」を見てきました。
バレエ界において、いまも燦然と輝いているダンサーです。
私は若い頃、お金を奮発して、銀座の洋書専門店でこの本を買いました。

ロシアから亡命する、その時を切り取ったこの映画は、
物語の緊張感もさることながら、
人がどう生きるかを静かに、しかしほとばしる情熱をもって
みせてくれました。
監督は名俳優のレイフ・ファインズ、ヌレエフ役のダンサーはオレグ・イベンコ、
彼の亡命を助けるクララ役のアデル・エグザルコブロス、などなど魅力的なキャスティングでした。
なんかね、勇気もらいましたよ。
明日も頑張ろう。
お気に入り | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

草原の輝き


Blush noisette, Gabriel, Mme.Hardy


風が少し強いので、薔薇が、揺れています。
少し切って、部屋へお招きしました。

1961年のアメリカ映画で「草原の輝き」というエリア・カザン監督の作品があります。

主題に使われているワーズワースの詩がふいに気になり調べてみました。

Splendor in the Grass

Though nothing can bring back
the hour of splendor in the grass,
of glory in the flower,
we will grieve not.
Rather find strength in what remains behind.

草原の輝き
誰も取り戻せはしない
草原が輝いていたあの頃を
花が満開のあの頃を
でもなげいたりしない
それより強さを見つけよう、後に残ったものの中にある力強さを
(翻訳・タウンズマン)


映画の最後にキラキラ光る草原の中、この詩が聞こえてきた。
もう一度みてみようかな。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

花ざかり


My small small rose garden. Olive is going to bloom in another side.
What is a wonderful day!


薔薇がたくさん花を付けてくれました。
窓を開けてベッドに寝転がっていると、
薔薇の香りが鼻先を、くすぐります。
贅沢な時間。
こういう小さな幸せがお気に入りです。
薔薇園(なんちゃって)の反対側にはオリーブがこれまた花芽をたくさん付けています。
今年こそ大量にオリーブ収穫かどうか、今からワクワクしています。


2種類の薔薇は一期めの花が終わって、新しい芽を、伸ばしているところ。
では、今いる愛娘のご紹介をさせてくださいね。


Mme.Hardy
マダム アルディ


Blue Bakou
ブルーパユ


Blush Noisette
ブラッシュ ノアゼット


Aromatherapy
アロマテラピー


Kaikyo
快挙


Gabriel
ガブリエル


Heathcliff
ヒースクリフ


Cafe
カフェ


どの子もみんな可愛い??
ではごきげんよう。
| permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

ヘアドネーション


Hair donetion for making wig to children.


長く伸ばしていた、髪を切りました。
切った髪は18歳以下の子供たちのためのかつらの材料になります。
31センチないとダメだそうで、宇治にあるル・ヴィーブルの
スタイリストさんは小分けしてゴム止めした毛束を定規ではかりながら
作業を進めていきます。
こういうのって、提供する私だけでなく、丁寧にこうして作業する
人の気持ちでなしえるのですね。
提案してくださってありがとうございます!
とても良い気持ちです。
有り難いなあ。



Short cut!! I like it.


はい、こうなりました。
とっても軽い。
明るい未来を信じて頑張れそうです。
チャオ!
その他 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

眉ぺんは金髪色


Beauty staff at Sisley said “Please draw your eyebrow in BLOND color”
I was surprised but expert opinion was correct!


シンガポールの友人からシスレーというブランドのリップバームをいただいた。
これが、すごくいい。初めて素晴らしいリップバームに当たった。
今日思い立って、売り場へあしを運ぶと、
まー、高うございます。セレブとか、美容家に愛されているとか。
納得。
一本だけ、清水から飛び降りました。
しかし、プロは違う。私をメイクへ誘い、これこの通り
フルメイクを施してくれました。
なんでも乗ってみるもんだ。
私の髪は諸般の事情で茶色い。
このエキスパートのお姉さまは眉と髪色のバランスがとてもきになるらしい。
取り出しました、ブランド色の眉ぺん。
使い方から説明して、施すと、
あら不思議。とてもきれいに収まるではありませんか。
私はお化粧に興味がなく、いつも適当だけど、
一つ学びました。
余談ですが、私がファンデーションも厚塗りしないです。
だからいつもはげてるというと、
薄づきに塗りました。
さすが、エキスパートです。
あー面白かった。
今晩は払った代金のことは考えないことにしよう。嗚呼。
お気に入り | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

4番目? 5番目?


Heathcliff


ヒースクリフ、シャーロット・ブロンテの名作「嵐が丘」の
主人公と同じ名前ですね。
関係あるのかな。とにかくクリムゾンレッドの薔薇は一際目立ちます。



Fragrance Hill


初めに薔薇を何種類かお迎えした時に、そういえばピンクが無いと
気がつき、いろいろ探してお迎えしました。
薔薇の楽しみはお迎えするまでのビハインドストーリーも
心に深く残ることかな。
そして、昔も今も私の薔薇の師匠は、ノブちゃん!
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

にぃ〜さん♪


Garuda


ここ数年、大してお世話していなかったのに
健気に花を見せてくれるのは感動です。
ガルーダ、情熱的なオレンジ色だけど、夕方にかけて色が微妙に変わります。


Kaikyo / 快挙


黄色いバラの苗を今年のはじめにむかえました。
快挙、初めての和名のバラです。
柔らかい黄色で、澄んだ香りがします。


Café


カフェは一等先に咲きました。
花は時間の経過とともに乱れ咲きします。
もし一鉢しか薔薇をもてないなら、私はカフェにします。

さ、まだまだ続きますよ。明日、なにか咲かないかなぁ。
| permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

一番め


Café bloomed. It is my favorite fragrance !


シンガポールから帰ってきたら、
バラは蕾をたくさんつけて膨らんでいました。
たった数日で自然のちからを感じた次第です。
これから愛娘たちの姿をアップし続けると思います。
どうぞお付き合いください。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -