青野健美術館への道

わき目ふりふり
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< クリスマス Saint-Paul-de-Venice | main | 食いしん坊 Gourmandise >>

最後、カンヌ普通の日


Good morning!


最終日だからといって、特別なことはない。
クリスチャンはとうとう咳のしすぎで、耳が、聞こえなくなりクリニックへ行った。

良かった!と思うのも束の間、留守番のモーリスがプールに入るという。
ここのうちのプールは温度設定ができる。
私はクリスチャンから30度と聞いていたので、
プールに手をつけて、30度じゃないと思うとモーリスに言った。
それをものともせずにプールのカバーをまるめて、半分くらいのスペースをつくる。
まるで巨大なお風呂カバーだ。



His swimming pool in 30 degree.


Mauris is 91 years old. His training was for 1 hour!


何かあったら、クリスチャンに叱られちゃう。
私がモーリスを、守る.......
がしかし、鉄人モーリスは健在だった。
水の抵抗があるのに、腕を前から後ろからと動かしていく。
プールサイドで同じ動きをする私。
ずっとするから、何回するの?と聞くと。
500回と言われた。思わずフランス語の聞き取り間違えたかなと思った。
想像してみてくださいね。
91歳が、黙々とトレーニングする横のプールサイドで、同じ動きについていけず
根をあげる私。そして網でカバーの上に落ちた葉っぱ掃除している私。
まったくマヌケです。
そうこうするうちにクリスチャンがドゥニーズと一緒に帰宅した。
お昼ご飯の用意しなくちゃ、とプールを去る。



I made Sushi and soup for lunch.



Denis and me


ちなみにドゥニーズは92歳。綺麗にして、いい香りがする。
ビズは二往復。
間違えてキスしちゃいそうです。
食後はみな自分の好きなことをして、クリスチャンと私はカンヌの街へお散歩しにいきました。
具合が良くないのに、楽しまそうたしてくれているのです。
無農薬スーパーマーケットで買い物をして、配達を頼みます。
私はクリスチャンのために作るホットドリンクに入れる生姜だけ
持ち帰りにしました。
カンヌのメインストリートは人があふれんばかり。
一軒、とてもポップなお店があり、そこでパレットと絵筆の形をした
チーズ用カッティングボードとナイフを買ってもらいました。
陽が落ちるとさむくなるから心配でしたけど、無事帰宅。



Mauris et Christiane


モーリス、クリスチャン、たくさんの愛とエネルギーをありがとうございました。
パリ・オペラ座の特集番組をみながら船を漕いでいる私でした。
おやすみなさい。
お楽しみ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック