青野健美術館への道

わき目ふりふり
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 最後、カンヌ普通の日 | main | 謹賀新年2020 >>

食いしん坊 Gourmandise


From the window of airplane, you can see white Alpes and Côte d’Azur.


あっという間にホリデーは終わりました。
友人と語らい、その全てを受け入れる。
しみじみとした気分で関西空港に戻ってきました。
今回帰りはニースからフランクフルト、フランクフルトから北京、北京から大阪と
乗り換えが多かった。
ニースのチェックインデスクで、北京からの便が無いと言われた時は
くらっときましたが、予約していてもこんなことあります。
フランクフルトで話したらすんなり通りました。良かった!
帰国便はエコノミーがなく、全てビジネスとなりました。
席がフルフラットになるからとても楽です。
ご飯もゴージャス。
シャンパンもあるけど、クリスマスに貧血おこしたから、ソフトドリンクを頼みました。


食いしん坊の私でも全ての量はこなせませんでした。
動いてご飯たべないと、有り難みも半分ですね。



From Nice to Frankfurt



From Frankfurt to Beijing


From Beijing to Osaka


あー見てるだけでも、お腹膨れる。
明日からずっとお正月も働くから、前ご褒美としましょう。



Mauris, Christiane and me on 27th in the early morning.


人は誰でも老いる。モーリスやクリスチャンが示してくれた
歳にあらがうのではなく、横において、日々の暮らしを整え、
周りの友人を助ける。
日本人なら誰でも気遣いそうな、高齢のところにお邪魔するなんてできない。
その気遣いも大事だけど、そこを工夫して交流する尊さ、
人間の尊厳を考えさせられる旅でした。
20数年前に出会い、こうして会えたことに感謝です。
ありがとう、ありがとう。 滞在中にピンが分からず出来なかった、
ワッツアップ もクリスチャンがトライしてくれる予定。
凄いな。
このあと、最後にお土産の見せびらかしをアップする予定。
モーリスの分厚い作品集もあります。
そこにはナント!!
次回へ続く。。。
お楽しみ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック