青野健美術館への道

わき目ふりふり
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ガーデンダイアリー梅雨時編 | main | 食品衛生責任者 >>

東京散歩 Tokyo walk


Near Tsukiji fish market


多くの方に母の一時帰宅を喜んでいただきました。
ありがとうございます。
一度入院すると、コロナのせいで面会ができない。
このことは、どの家庭にも起こりうることで、関心を寄せていただけたのだと思います。
感謝感謝です。
一日帰宅が終わり母を昨日無事に病院へ連れて行けました。
手書きのカレンダーを作り、あと10日でお家に本当に帰って来れるからと。
ボケた母にどこまで効き目があるかわかりませんが、何かせずにはいられません。


そして今朝。実家の朝は早いです。
朝ごはんは6時。
弟と築地の場外へ、佃権の練り物と、丸竹の卵焼きを買いに行くことにしました。



Long-established stores in outer market of Tsukihi.


実家は目黒で長いこと寿司屋をしていました。
弟も私も築地市場は懐かしい場所。
今や場内の卸売は築地から移転してしまいましたが、
場外と言われる小売りは営業している筈。。。
なんと、ここもコロナの影響で休業中です。
なかでも練り物を扱う佃権は3年前に廃業していました。涙。



Tsukiji Honganji temple : It is very unique architecture. because it is not traditional way. but we feel huge emotion.


とぼとぼと築地本願寺へ行きます。
伝統的なデザインではない。アジアのあちらこちら、はたまた欧州の香りも感じます。
確か建築家は一年間、世界を観てきたのですね。
平和。愛。感謝。こんな言葉が頭をぐるぐるしていました。



Bialetti Japanese agency


築地から帰宅してもまだ朝の9時前。
一服して、こんどは東京の多摩の方へ車を走らせます。

以前から気になっていた、エスプレッソマシンが、ずらりと並んでいる店。
なんと、イタリアのビアレッティの日本代理店でした。
緑の濃い道を弟は選びます。
亡くなった父が好きだった所。
トイレをいつも借りた場所。
母が好きだった道。
いつも頼んで作ってもらった和菓子司。
あー練り切りが食べたい。
いつもの所は前日に頼まないと無いから、
帰宅途中の田園調布にある和菓子司へ寄りました。



Japanese Nerikiri cake.


東京はいろいろな顔を持っています。
やはり故郷はいいなぁ。

先程の築地、波除神社で茅の輪くぐりを始めてしました。
皆様の健康を願っています。
この大変な局面を耐えてまいりましょう。



茅の輪くぐり(/chee-no-wah-coo-goo-ree/) is a traditional seasonal ritual wishing to be in good health by passing through the big circle made of tall grass.
茅の輪くぐりとは、茅で編んだ直径数メートルの輪をくぐり、心身を清めて厄災を払い、無病息災を祈願する夏越の祓を象徴する行事です。by Google
風景 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック