青野健美術館への道

わき目ふりふり
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 20年の恩 | main | お休み大混乱 >>

薬師寺 謎が解けた!

薬師寺
薬師寺 白鳳伽藍


右肩のMRIを持って、東大寺近くの整形外科へ行ってきました。

ドキドキ・・・結果は肩がオーバーヒートしている状態だと言われました。

そんなに熱心にピアノ練習をしているわけではありませんが、姿勢とか

へんに力が入りすぎちゃっているのがいけないのかな。気をつけて

練習しよう。 両肩にヒアルロン酸注射をされて、1週間ごとに通院

することになりました。びっくりしたのは、軽い痛みの左はもう痛くない。



ヒアルロン酸注射
注射は大嫌い〜!!



心が軽くなって、薬師寺へ行くことにしました。なんとなく、行きたい。



薄墨桜



奈良の桜はまだ三分咲きですけれど、境内の薄墨桜だけは満開です。

素敵ねぇ。 薬師寺は青野健がずっと描いていた風景でした。

う〜ん、薬師寺というより、東塔だけ。


薬師寺全景



この写真は薬師寺の裏側にあるサナトリウムから見たものです。

向こうに若草山も見えますね。 健は中央のきらびやかな西塔は嫌い、

金堂も要らない、と東の塔だけをこのアングルで飽きることなく生涯

描き続けています。 今、東塔の姿は・・・



東塔



ストライプの建物の中で、5年後まで修復工事中です。 天平2年

(730年)建立ですから必要ですね。 さて、のんびりゆっくり奥まで

進むと玄奘三蔵院伽藍があり、そこで平山郁夫の壁画を見ることが

できました。 うん?!   あーこれだったのか。


ヨーロッパでアートディラーとして活躍しているマダムMを案内した時

健が1時間ほど姿を消しました。わたしたちは薬師寺の入り口付近で

やきもきして、健はにこにこ笑顔で「えかったでー」と悪びれもせず

戻ってきました。 奥までは少し遠く、あの時の大勢の人でで歩みも

進まなかったのでしょう。 10年くらいの時を経て謎がとけました。


最後に玄奘三蔵の決心「不東」と書かれた御朱印をいただいて、寺を

後にしました。 玄奘三蔵は西へ西へと不屈の精神ですすみ、志遂げず

には東に帰らないとしたそうです。 はっちゃんに必要なのも「不東」。

お寺はすべからく私のパワースポットです。
風景 | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

なぜか、注射でミシンも油が必要って思い出しました。人間も必要なんですね。
二十数年前、玄奘三蔵が旅したシルクロードを旅して、火焔山を目の当たりにしたの時の感動がよみがえりました。あの時代の旅はどれだけ過酷だったのでしょう。
『不東』ですね!!
PS:FBにコメント送ってます、よろしく
あっそれと、そうです、季節労働は、をどりです。
ピーちゃん大好きっ子 | 2013/03/25 8:49 PM
ピーちゃん大好きっ子さんへ

”をどり”でしたね、あは、ごめんねぇ。(笑)
シルクロード行きましたか。羨ましい!!
私のいきたいところベスト3です。
FBの承認、ピー大さんでしたか。いつの間にかピー大さんが私の中で本名になっていました。
ごめん〜。
はっちゃん | 2013/03/25 11:27 PM
『薬師寺』の、朱と白のコントラストがなんて美しいんでしょう・・・
歴史のあるところには、やっぱりパワーが満ちていると思います。はっちゃんパワー満タンにしてお仕事頑張れ〜!!
肩は回らずとも、首はしっかり回っているのだ☆いいなぁ
あーあー 首回らん
ペン母 | 2013/03/26 1:22 AM
ペン母さんへ

そーか・・・と今さらながらに納得。
歴史のあるところにパワーが満ちている!
自分だけのパワースポットだと思っていたけれど、
皆にパワースポットだね。 でも・・・プライベートパワースポットもあるね。
ペン母さんの言うところの、歴史のあるところ。
家じゃない! お家に帰るとほっとするもの。
それに喜怒哀楽が詰まっているから、やっぱり簡単に引っ越しできないなぁ。

首ねぇ・・・もっと回せないと、目標が近づかない。嗚呼。。。
はっちゃん | 2013/03/26 9:04 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック