青野健美術館への道

わき目ふりふり
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< シングルモルト | main | 野菜に合掌 >>

青野 馬左奈

青野 馬左奈、 義父アオノマサナ 本名です。

健の父も画家でした。

1932年「関西水彩画協会」を池島勘治郎、桂龍雄、

別車博資らと創立して、会は現在に至っています。

健5歳の春、母と姉を同時になくして以来、

父と息子の絆は強かったと思います。

稚気があり、それでいて陰があり、歌が好きで、

女性をこよなく愛して、描くことには純粋で・・・というところは

親子良く似ていました。


貯水タンク


義父:さっちゃん、ここから見える風景はヨーロッパみたいですね。

 :はい? 

家の窓から見える、貯水タンクと団地が夕日に映る姿を見て

そう言ったことがありました。 馬左奈さんの目には遠いイタリアの

シエナの街並みにでも見えたのでしょうか。

うちに遊びに来ると、いつも言っていました。

そう言われると、なんだか素敵に見えたりして・・・


馬左奈作品


青野馬左奈の作品は何点かうちにありますが、これは特別。

義父の個展を健と見に行った時のこと、

「残っている(まだ売れていない)作品を1点あげるから選びなさい。」

大阪・梅田の阪急百貨店で個展すると、初日完売になるほど人気が

あったので、わたしはどんなに嬉しかったことでしょう。

クロッキーと水彩で仕上げた「白馬」を選びました。


馬左奈スケッチ


実は、青野健と初めて会った日は、馬左奈さんとも

初めて会っているのです。

義父は阪急百貨店の美術画廊で個展中でした。

親父と夕飯食べる約束しているから一緒に食べようと誘われて

阪急グランドビルの階上にある島根の料理旅館が出している

「皆美」に向かいました。

もう義父は座っていて、私はどきっとしました。

まあ、なんてハンサムな方なの。

その日の夕食は昨日のことのように憶えています。

何曲も童謡を義父と声を合わせて歌ったからです。

それから、青野健と結婚して、義父が亡くなるまで

義父のことは大好きでした。


浴衣をきた私をスケッチしながら父はいいました。

「さっちゃん、おだんごの位置をもう少し上にあげると
バランスがいい。」


馬左奈さんの葬儀が終わった晩、横で寝ている健が

「お父さんがいなくなって寂しい。」と嗚咽し始めました。

わたしは健の背中を抱きしめて言いました。

わたしも寂しい・・・

こうして今は義父:青野馬左奈、義母:長子、義姉:淳子そして健

が一緒に幸せそうに写っている写真が毎朝私を起こしてくれます。

「おはようさん。いい天気やね。きょうも1日幸せに!」

青野馬左奈 | permalink | comments(5) | trackbacks(0) | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

馬左奈さんには3〜4回お会いしているかもしれません。

サキが小さい時、ピアノで童謡を歌ってくれたり、歯並びの悪いところがいいんだから矯正はしないように!なんてサキに話していたり・・・たしかに子供には子供の目線でお話ができる素敵なおじいちゃまでしたね。

青野健さんも同じように子供の接し方は、超自然体でした。サキの心には、今でも大きな存在である事はまちがいありません・・・
miyarin | 2010/09/14 3:31 PM
浴衣姿のさっちゃんに釘つけになりました。
特に、知性と女性の大きな愛に満ちたさっちゃんの顔がとっても素敵です。

I県に遊びに来てくれた時、M市へ鉄器製品
を見にでかけましたね。その折、お義父さまのお話をしてくれた時のさっちゃんの生き生きとした表情を思いだしていました。

遅ればせながら、ホームページの完成おめでとうございます。センスが光るすばらしい出来栄えに感動!
これから、健先生の作品公開が毎月増えていくのですね。たのしみです。

さっちやんが常に目標をもち実現していくので、こちらも新たな刺激を受けています。
いつもありがとう♪
                  

シダの葉 | 2010/09/14 4:50 PM
miyarinさんへ

歯並びの話は初めて聞きました。まったく良く見ているよねえ。ある時、女性の眉のひき方が我慢できず、僕にかかせてくれと、クロッキーを持ち出し、その女性がいやや、と逃げ出したことがありました。
あ〜I love papa!
miyarinさんへ  byはっちゃん | 2010/09/14 5:19 PM
シダの葉さんへ

コメントありがとうございます!
懐かしい話です。今でも、宮沢賢治の家から見下ろした田んぼの緑が風の道でスジが出来ていく、あの美しい光景が忘れられません。
ご夫妻が青野の釣行に付き合ってくださったり、夜中にビール飲んでいたり、石割り桜のさくらんぼ食べちゃったり、驚くことが多かったはずですが、あの旅行はおかげさまでとても楽しかった。いつも優しく接してくださってありがとう。これからもよろしくね。
シダの葉さんへ  byはっちゃん | 2010/09/14 5:29 PM
突然申し訳ございません。画家「青野」で検索していましてこのサイトにたどり着きました。青野馬左奈先生の作品と思わしき物が我が家にあります。小さい頃からこの絵は青野先生がお書きになられたものと母から伺っております。確認させて頂きたいのですがどうすればいいでしょうか?昭和30年代か40年代の作品だと思われます。
徳永 | 2015/06/20 2:37 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック