青野健美術館への道

わき目ふりふり
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< お出かけ日和 | main | 朝飯まえだっ! >>

犬・・・今月の1枚更新しました

北欧の犬
撮影・青野健 北欧の街角 


いつも登場するわたしのオトモラチ、ダルネシアンのペンネ。

こんなに感情のやりとりができる経験は初めてのワンコ

なんです。つい、アテレコしちゃう。

青野健も犬が大好きでした。

渓流魚は青野健の作品のメインでしたけれど、動物はあまり

描きませんでした。その少ない動物を描いた作品「ティティウス」

は青野健・遊びの水墨画サイトのArtworkで過去のアーカイブ、

動物・11/11ティティウス00020-062でご覧いただけます。

今月の1枚はその下地になったスケッチ1です。

ボネ家の夏の山荘でひと時一緒に過ごしたベルギー人夫妻が

連れてきた黒い犬・ティティウス。身体は大きいのに、なんか

情けない風情が気にいったようで、何枚かのスケッチを残して

います。

ある時、個展会場でこの作品の前で泣いている女性がいました。

それが二回もありました。何を感じてくださったのでしょう。

情けない(すぐフェーンフェーン泣いていたなぁ)黒い犬

ティティウスはローマ皇帝の一人ですけれどね、彼の治世は

短かったけれど、平和が続いたそうです。

□画面右上「まったり健さんマーク」をポチ。青野健サイトの

トップ画面にある「Artwork」をポチ。旅のスケッチブックに

書かれています。ご覧ください。


こちらもよろしくね! やじるし
dm2


 
kenの小話 | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

ティティウスのシルエット、ペンネに似てる☆
眠くて眠くてしょうがない時、あんな感じだよ

マーク・トウェインは、人のじゃなく犬の天国に行きたい
と言った。解るなぁ〜・・・
犬のいない人生は、ちょっと考えられへん!

健さん犬年だったよね♪
ペン母 | 2014/09/29 11:28 PM
ペン母さんへ

そうそう、ペンネに似ている。
別の角度で描いたのはも一つ似ているかも。

戌年の健さんは、子ザルの後姿とシンクロしていたと思うけど、

本人は猛反発していたなぁ。

ワンコは可愛い。ニャンコも可愛い。

私は一生のうちでペットと暮らすことがあるんだろうか。。。
はっちゃん | 2014/09/29 11:59 PM
私も娘も戌年です(^ω^U)
このまま行くと、私は自宅で犬を飼うことないでしょう!
それまた人生です(笑)
生活面に余裕ないと飼えないよ〜
小物で癒されときます!
ピーだい | 2014/10/01 11:09 AM
ピーだいさんへ

そうだったのね。わーい、わんわん倶楽部だ。

生活面にゆとりがないと・・・そうか、

うちのペットは、日本のメダカ!

しかも科学者からもろた、賢いメダカちゃんたち。

なぜならば、お世話が粗くても、自助努力の技を知っているから。

うちにはぴったりです。

でもワンコやニャンコも飼いたいよう。
はっちゃん | 2014/10/01 11:38 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック