青野健美術館への道

わき目ふりふり
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ウチの近所 My neighborhood | main | カードと年賀状 今月の1枚更新! >>

香港ぐるぐる Walk around Hongkong


Holiday season is coming! Hongkong/central


香港の日曜日をどう過ごすか。

昨夜、遅いディナーではあったけど、
私のラテンダンスの先生のひとり、アナリーザと
ごはんを食べていた時に決まりました。



I could spend nice time with Annalisa Di Filippo .
She brought me this Greek restaurant.
It was great thanks to Annalisa!


佐知子、明日はどうするの?
とっさにピークに行ってみようとおもう、と答えた私。

だば、行くべ。

ホテルの近くからトラムという急勾配を上がる電車がある。

グーグルマップを片手にいざ。

いざ。

トラムの駅に着くまで、急勾配を上がったり下がったり。

そして目にする長蛇の列。

おまけに、汗だくです。

今日はやめとこ。

あっさり諦め、納豆売っているスーパーマーケットにいくことにしました。



I could buy Japanese soul foods at last.


新鮮じゃなく、管理の行き届いていない肉や魚を見ていた私は

ここで緊張感がほどけるのを感じました。
もちろんローカルのものとくらべたら高いです。

でも食は大事ですからね。

話すと早いのですけど、兎に角たくさん歩いた私はここで力つき、

帰りは一駅もないのにタクシーに乗ってしまいました。
ちょっとだけ香港マダム風。

昨晩のギリシャ料理といい、
今日のお昼の部屋で食べる納豆ごはんといい、
疲れが溜まってきたなぁと思う心と身体に
元気いっぱ〜つ!でございました。

お腹がふくれて、うとうとしていたら
アナリザからの電話でまた外出。



Causeway bay


Causeway bay


街はすっかりクリスマスですね。

西洋の人にとってクリスマスは一大行事です。

どんなに忙しくてもお家に帰る。

仕事先でもどんどんダンサーたちがお家に帰ります。

メリークリスマス、アンド、ハッピーニューイヤー!

国で待っているご両親はたっぷりと食事を用意して、

子供たちは抱えるほどのプレゼントを持って、

アナリザのお父さんへのプレゼントを一緒に探します。

途中で日本にいる弟ステファノと頻繁に連絡をとりあいます。

ね〜ダーシャ(ステファノの妻であり、ダンスパートナー)は嫉妬しないの?

ノー、佐知子。ありえない。しかも私とダーシャもかなり厚いのよ。

私はラテン系の人たちの家族の絆の強さに驚きつつ、憧れつつ、
あっさりした我が実家の風情もまた、捨てがたいと、思うのでした。



Sheung wan Japanese character Fuchikosan of cup edge tree .



Snow man made of bread.


帰国はイブイブ。
いや、それにしてもたくさん歩きました。
足が痛い。ではでは。

メリークリスマス、アンド、ハッピーニューイヤー???
風景 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック