青野健美術館への道

わき目ふりふり
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< あっちや、こっち | main | おはようさん >>

父 My father Mon père


My father passed away on 3rd November . It is next day when I came back from Hongkong .


父が亡くなりました、
香港出張から帰ってきた翌日。

ここ数十分だと思う。

弟の電話の声にとても冷静な自分がいました。
その数分後、再び弟から。

今、逝った。


私は驚くほど冷静に、香港からのにもつを解き、
小さいキャリーに移し替えて、
会社に連絡して
新幹線に乗りました。
まるで、一連の業務みたいに。


生前の父の望みとは反対に、とても質素な葬儀でした。

弟は父とは確執がありましたが、悪態つきながらも
完璧に看護をしてくれました。
母の面倒を見ながらですから、大変だったと思います。


そして私は最後まで涙が出ませんでした。

親戚が集まっても、父の良い話題が一つもない。
本当にそうだったから、反論もないけど、胸が痛い。

唯一、母が言ったことば。
長靴履いて、よく仕事した。


人として私の知りうる限り、最高に寂しい人物でした。

それでも、私がこうしてこの世に生を受け、
悲しいことも、辛いこともあるけれど、
それでも美しいものもたくさんみてこれたのは父のおかげ。


お父さん、ありがとう。
その他 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

さっちゃんのその最後の言葉で安らかに永眠されることと思います。
私の知っている晩年のお父さんは、楽しくて可愛らしい印象です(失礼な言い方ですが)
ペンネを連れて行った時のお父さんの「ペンネ〜〜〜」の優しい声に、ペンネも安心したのか? 初対面で、初めてのおうちなのに、何の違和感もなく自分の家に帰った気分だったのか?
心地いい時間をペンネ共々過ごさせていただきました。
お父さんありがとう☆
ペン母 | 2017/11/08 1:30 PM
ペン母さんへ

そうやった、そうやったね〜。
ペンネ〜〜〜。
あの時、思い切って美弥子さんとペンネと東京へ行って良かった。
両親にとってもいい思い出ができました。
美弥子さん、ありがとう。
はっちゃん | 2017/11/08 11:07 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nuage-luit.jugem.jp/trackback/918
この記事に対するトラックバック