青野健美術館への道

わき目ふりふり
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 五月の贈り物 | main | One day rich style! >>

香港タクシードライバー


These dumpling are amiable and tasty.

体力というのは、気合いと目的意識である程度もつ。
かどうかは定かではありませんが、兎に角、
8連勤中に4日間の香港出張を閉じ込めて
本日より2連休を満喫しています。
出張って、皆さんそうでしょうが、限られた時間に
目的遂行ですから、何かしら脅迫観念みたいなものが
ありますネ。
そんな中で一回くらいは観光客気分を味合わないと。
かわいい飲茶はその造形のみならず、とても美味しかった。



My usual meal are porridge or rice noodle....


ま、普段はお粥とか、ベトナム系のご飯が多いです。
会社の前とか横とか、地元のレストランでさらりとお昼をとります。


最後の晩は、トラムという二階建て路面電車で
ホテルまで帰りました。
昼は30度くらいになりますけれど、夜半は暑さが落ちつくから
路面電車の二階の車窓から街を眺めながら帰るのは
出張中の癒しになるんです。



I took a trum to go back to the hotel . Outside temperature was perfect.


会社の前から乗って、いつもは見上げる会社の入っている
ビルの名前を見下ろす。9DVRW!
なんでワクワクするのかな。
それに洋風な建物のウエスタンマーケット。
走ること15分くらいで、シャネルの建物が見えてきたら
下に降りて、路面電車から降りる準備をする。
そういえば、駅名を知らなかった。


そうそう。タクシードライバーのこと。
翌朝は一度会社に行ってスーツケース2個と
空港にいかなければならなかった。

まず。自分の小さなスーツケースを持ってタクシーに乗る。
いつものように場所を告げると、
すみません、まだドライバーになって一週間でよくわからないんです。
若いドライバーはそう言った。
なるほど。私は道が、わかるから言いますね。
オッケー、では発車します。。。


時々、気の迷いなんてことが起きるけど、まさにそうなった。
会社の前に着いたら、ちょっと待っていてもらえますか。
2個スーツケースとってくるだけだから。
青年初心者タクシードライバーは、
もちろんですとも!
と景気良く私の申し出を引き受けた。

聞いてみた直後に、心配はよぎったんですよ。
ここは日本ではない、ましてやまだ仕事に慣れていないドライバーだ。


タクシーは会社の対面に着いたので、右の小道を曲がって
待っていてね。すぐ戻ります。と。
ドライバーも、モウマンタイ、問題ないと。
降りる前に私の小さなスーツケース持っておりようかと思いましたよ。
でも、それだと乗り逃げとおもわれやしないかと。
ややこしい私の思考に突入しました。
一度タクシーにお金払って、また新たにタクシーを捕まえてもいいですものね。
でも、迷った。そのココロは。
1.会社の開く時間が、チェックインの時間にせまっている。
2.この時間、この場所にタクシーがたくさん通るかわからない。
3.レシート一枚になるから、精算がめんどくさくない。

でした。

曲がって待っていてもらうだけだもの。一か八か。時間がない割にバクチに走ってしまった私。

会社に上がり、大きなスーツケース2個とり、
いつも鍵を開けてくれるアマドとハグしてしたに降りる。
その間3分くらいだったと思う。



タクシーがい、な、い。。。



きっと青年ドライバーはまがることができず、
今、遠回りをしているに違いない。
。。。おーい、戻って来て。
おまけに私の前を擦寄るようにたくさんのタクシーが走っている。

どーしようかな。私のスーツケース。
何入っていたっけ。。。
など考えながら、ニューヨークでいろいら盗られたことが、思い出される。


あと10分待って来なかったら、私のスーツケースは諦めて
違うタクシーに乗ろう。

すでに15分を過ぎたあたりに、
来ました!!!

ドライバーはすみません!後ろからクラクションならされて、
前進しなくちゃいけなくて、ぐるっとまわれものの
信号がたくさんで、待たされて、
荷物うしろに積んだままだし〜と。


料金は割り引いてくれました。レシート必要なんだけど、というと。
モーマンタイ!
とはりきってレシートを切ってくれました。
料金は60香港ドル。
ありがとう。さようなら。
ふと手元のレシートを見ると、58香港ドルでした。
嗚呼、ドライバーも私も詰めが甘いな。
その他 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

タクシーには、やられたかな?と・・・
ドラマのような展開で面白かった(面白がってはいけませんね)
タクシーその後、待っててよかったね〜☆
どうも出来事は、予想の裏をいくようです。
最近特に感じる!
さてさて忙しさは相変わらずで、若いなぁ〜って感心してます。
ペン母 | 2018/06/18 11:43 PM
ぺん母さんへ

ドラマみたいでしょ。脇役はすりよるようにわたしの前にくるタクシーのおっちゃんたち!
若いなんて。。。最近歳を感じます。
人生最後のダイエット計画も遅々として進まず。ああ。
はっちゃん | 2018/06/21 12:33 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nuage-luit.jugem.jp/trackback/935
この記事に対するトラックバック