青野健美術館への道

わき目ふりふり
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< リモンチェッロ | main | カトラリーレスト >>

青野馬左奈の絵


Non title / 70x42cm Masana Aono
I’ve been to Seiganji temple in Osaka for pick up this artwork of my father in low today.


数日前の一本の電話。
義父、青野馬左奈と、亡夫、青野健のゆかりの方からでした。
マダムCはいずれ家移りされるとのことで、
マダムのご両親に贈られた作品をお返ししたいと。
捨てないで、こうやって丁寧にご連絡いただけて、とても有難い。
ウチには馬左奈さんの大きな作品はないから、ドキドキしながら
車を走らせました。

あー、確かに義父の作品です。
立派な額に入ってずっしり重い作品はずっとお寺に飾ってあったそうです。
エアクッションに巻いて、我が家についた作品は、広い展示場所を欲しがっています。
ですが、今晩は義父や健がわらわらと作品の周りにでてきて、
しばしの作品談義をするのではないかしら。
一枚の絵が新たに人を繋いでくれました。

今また、馬左奈さんや、健さんに会いたい。
親子で絵を描くのに夢中になっちゃって、
鍋の有頭エビがからからになった日がまるで、昨日のことのようです。
重い作品を運んでくれたロベルトにも感謝。ありがとう。
青野馬左奈 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック