青野健美術館への道

わき目ふりふり
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 平成の時、令和の時 | main | ゴールデントライアングル >>

シンガポール到着


Finally I came back to Singapore.


今ね、友人宅のベッドに寝転がって書いています。
無精でごめんなさい。

LCCのスクート航空は、席も広く驚くほど快適でした。
さすが、シンガポール航空の弟分だけのことはあります。
注文しておいた食事はほかのLCCとさほど変わりませんでしたが、
フライトアテンダントのサービスとかはとてもクオリティの高いものでした。
チャンギエアポートは第2といってもとても綺麗でわかりやすい。
第4まであるそうです。
世界のハブ空港は素晴らしく機能していました。
バゲージクレームもこれまた早い。
行ったら出てくるというタイミングの良さ。
昔も今も、国土の小ささをカバーしてあまりあるパワーをこういうところに感じます。



It is very useful to set up for free wifi at the airport.

友人へ連絡するのに空港内のフリーワイファイを聞くと、ここでせよと。
面倒だなと思いましたが、このパソコンからアクセスしたら
まぁなんとクリアに電話がつながりました。
ほらあるでしょう、空港内のフリーワイファイって案外使えないこと。

おかえりなさい!
電話口の友人の第一声でした。 小さい感動はなお続きます。
タクシーが、もうピカピカで車内も汗臭くない。
昔はぼろぼろの車体で汗臭かったけど、凄いことです。
出張でよく行っていた香港のタクシーはまだ、野性的ですからね。
空港からシティへ向かう一本道は変わらないし、南国特有の木々も昔のまま
ですが、もっともっと垢抜けています。
国の繁栄とは凄いものです。
目ぬきロードのオーチャードまでくるとグッドウッドパークホテルが
相変わらずコロニアルな佇まいを表しました。

友人宅到着。
守衛さんは階上へ上がるエレベーターのキーをオープンしてくれたし、
メイドさんはさっさと私の使う部屋へ案内してくれて、
家のキーを渡し、ワイファイのパスワードも教えてくれました。
なんとスムーズに事が運ぶのやら。
そうこうしているうちに、友人とフランス人の旦那様が帰宅しました。
最近、フランス語を使っていないので、ご主人にはその旨をいうと、
大したことではないよと優しく言ってくださいました。

どこまでお役にたてますか、明日から頑張りますよ。
風景 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック