青野健美術館への道

わき目ふりふり
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ルドルフ・ヌレエフ Nureyev | main | Salade nicoise サラダニソワーズ >>

ついに出会った!


EIZO.....Finally I could find my “Glass shoes”!!!!!!! I could not find shoes that fit my feet . Because I have high insteps and wide. EIZO is perfect shoes for me.


私は靴が好きです。
靴磨きも好きです。

だから数十年前のものも履いています。
ところが最近異変が起きました。
サラリーマン生活をあたふたと送って、
靴磨きもせずに履いていたら、いろいろなダメージがでてきました。
とくにハイヒール(あまり履きませんけど)が、傷が酷くなってしまいました。
それにいくらまだ履けると言っても、時代に合わないものもあり。
そこで一念発起。
靴といえば、神戸。
神戸といえば、大丸の靴売り場。
打ち合わせのあと、電車に乗って向かいました。
足に合うパンプスを一足買えたら嬉しい。
そんな思いでした。

広い靴売り場は、たくさんのメーカー商品が並んでいます。

ここのは、あかんかったなぁ。
ここのはいいけど、コンフォートすぎておしゃれ感が今ひとつだなぁ。
これいいけど、絶対無理な木型やなぁ。

などなど、回遊魚のごとく、何回も回って、EIZOという聞きなれないメーカーの前で佇みました。
コンセプトがいい。
美しく、履きやすく、軽やかに、

なるほどね。

お客様、承りましょうか、と若い販売員さん。
感じがいいやりとりのあと、こちらの希望とあちらのおすすめを履いてみることになりました。
今更ですが、販売員の力はこういう時わかりますね。
びっくりするくらい、履きやすく痛くない。
そうするといろいろおすすめをだしてくれる。
結局なやんだけれど、靴箱の中を大整理するんだからと、
三足大人買いしました。
一足あたりのお値段もいつも買う価格帯の半分くらいです。
なんでも材料の購入に何件も通さないシステムの会社だそうです。
ま、それにしても三足は私にとって勇気のいることでした。
ルブタンの靴ならまだ一足買えないからいいか。
これからは、服も靴も数をなるべく少なく、
いつも小綺麗にしておきたいと思う今日この頃です。
明日は靴を大整理。ワクワクするな。
お気に入り | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nuage-luit.jugem.jp/trackback/982
この記事に対するトラックバック