青野健美術館への道

わき目ふりふり
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< お盆を振り返って | main | Tokyo day1 >>

映画 フィンランドのトム


“TOM of Finland” This movie asked me what is love? what is social? His artwork is not just Porno Graffitti.


「フィンランドのトム」という映画を観てきた。
このイラストの作者トオコ(トム)は今やゲイのアイコンとも言うべき
作品を造り上げた。

ゲイがオープンでなかった頃のフィンランドから物語は始まり
やがてアメリカで成功を収めていく。
娯楽作品にはなっておらず、さりとて小難しいことも表現しない。
私たちはトオコの友人のような、家族のような立場で
彼に寄り添っていられる。
映画を見終わったあと、久しぶりにじわっと暖かいものを感じているの。
これって何?
愛なんだなぁ。
お気に入り | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nuage-luit.jugem.jp/trackback/992
この記事に対するトラックバック