青野健美術館への道

わき目ふりふり
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

観念した


I received beautiful flower and incense for my mother this morning from Tokyo, Ms.I. I thank her very much because I start 4 days challenge from today.


9月に入り、朝はさっぱりした空気をちょっぴり感じるようになりました。
今朝、白い花とお香が東京のMs.Iから届きました。
なんということ!今日から四日間は仕事を休み、やることリストに挑戦です。
縁起がいい。

母が亡くなり骨になったとき、
観念した
と感じました。

そしてお母さんは私の中のネガティブな感情を一掬い持って行ってくれました。
昨晩からたくさん寝ました。
朝食はもりもり食べて、機関車のようにパワー全開で着手です。
リストの完了の赤線引きが楽しみです。
ではよい一日を!



Compote of figs with mint
イチジクのコンポート


Salad with olive oil, sweat solt from Italia and balsamico of Modena. Sweat corn.
オリーブオイル、モデナのバルサミコ酢とイタリアの甘塩をかけたサラダ。とうもろこし。完璧!
その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

母、逝く


My mother and I


母、逝く。85歳。
8/20私は仕事に行く時、リュックに最低限の身の回り品を入れていました。
どんな時もすぐ駆けつけられるように。

昼、弟からの一方で新幹線に飛び乗る。
今の医学で、母は私が着くまでなんとか意識を保ってくれていました。
母のベッドを挟むようにして、弟と私の簡易ベッドが入りました。
主治医は暖かく、丁寧に母にも私たちにも接してくださいます。
午後11時すぎ、高鳴るブザー。
母の心拍は転げ落ちるように、そしてモニターの線形はフラットになりました。


My mother likes dry Yatsuhashi. She made sometimes funny creature.


私たち一人一人、母の存在というものは特別で大きいものですね。
少し母自慢させてもらいますね。

4人兄弟の長女として、また戦争で父を失い、中学校を中退して、
家族を支えました。
母の身体は丈夫で、睡眠時間を削って仕事をしました。
超がつくほど偏屈な父との人生は苦労ばかり。
人のことを先ず考え、欲はなく、たわいない日常を笑って過ごせれば
幸せな人でした。
一代で財を築くも、常に質素に過ごしました。
いつも忙しく、私としてはかまって貰った記憶があまりありません。
唯一、二階の畳の上に転がって歌集から童謡を歌っていた私の横に、
洗濯物を干し終った母が一緒に寝転がり歌を歌いました。
そんな一時が私の記憶に鮮やかに残っています。
私が東京へ帰るたびに、母はそっとお小遣いをくれました。
もうそんな歳ではないのに。
晩年、母のボケが進んでからは、今度は私が母のお財布に小銭をいれました。
コーヒーの赤い缶WANDAを買うためです。
親の恩には全然報いることはできないままの不肖な娘です。



My brother made white rice with traditional rice cooker and we go and buy two kinds of famous beans. All of that is for my mother because these are her favorite.


亡くなった翌日、弟と私は母の好きだったものを買いに東京中走りました。
池袋の長府屋の黒お福豆煮、水天宮のはまやの冨貴豆煮、スイカ。
そして台所の奥から取り出した羽釜。
これで母の一番の大好物、銀シャリを焚くのです。

今日骨上げをして、母の姉妹達と昼食を食べました。
私の知らない母の若い頃を聞けたり。
夜はご馳走をお供えして、弟と私も同じものを頂きました。
いずれとはわかっていたけど、寂しいです。
食後に弟が母のデイサービスでの写真を見せてくれました。
去年のクリスマス、楽しそう。
今、お母さんとの約束を果たすべく、計画を準備しています。
母みたいに働き者ではないけれど、
母みたいに無欲ではないけれど、
母みたいに人に優しくはないけれど、
約束だから、必ず!
季節はすっかり外していますが、
皆さんメリークリスマス?



at Christmas party 2019
My mother passed away 3days ago/20th August.
I’m so sad but started to make future plan already because this is a promise with my mother.
その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

Hsu Yi Langさんのお茶


Thong-Chong Woolon tea. My boss Mr.Hsu Yi Lang had given me this superior Chinese tea long time ago when I left from Singapore. I keep this tea because I can’t still find this shop in Taiwan. If you know, please let me know. This tea is completely different from another Chinese tea. That’s why I keep it at my kitchen over 27years!!


残暑見舞い申し上げます

せっかくの休みも外に出る気になれません。
うちの中を片付け、夕方からスーパーマーケットへ買い出しに行くことになります。

食料庫に大事にとってある、凍頂烏龍茶を出して淹れてみました。
うーん、やっぱり味が違う。

シンガポールの仕事から本帰国する時、ボスだった台湾人の
スーイーランさんから頂いたものです。
このお茶はとても特別です。
お嫁に行くときに持って行って、特別のときに煎れる。
確かに謂わゆる烏龍茶と認識しているまのとも
凍頂烏龍茶と認識しているものとも全く味が違います。

その後、青野健と台湾へ行った時も、缶にある住所を探し歩きましたが
ありません。
ネットにも上がってこない。
ますます宝物になってしまいました。
もし、ご存知の方がいらしたら、是非教えてほしいです。

このまぁるい、深みのある味、人生かけて探すことになるのかな。
頂いた時のことは30年近く経過したいまでも鮮明に覚えています。
鬼籍に入られているボスのことを忍び、今日はこのお茶を楽しむことにいたしましょう。



Very special Chinese tea. It is completely different from the others.
「う」のもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

猛暑の中、帰阪


I made sushi rolls in the refrigerator.


暑中お見舞い申し上げます
昨晩、東京から無事に帰宅しました。
お昼ご飯は冷蔵庫にあるもので、巻き寿司を作りました。
東京では弟の用意する朝ご飯以外は、ずっと外食。
美味しいものばかりだったけど、家でのんびり食べるものはいいなぁ。



Sensoji temple in Asakusa. It was crazy hot!



Kamiya bar:神谷バー Established in 1870. Denki Bran is a kind of cocktail.


浅草に明治創業の神谷バーがあります。
ここの電気ブラン、家にカラビンがありました。まだ続いているのです。
驚きです。
チケット売り場で食べたいもののチケットを買ってランチです。
懐かしい雰囲気。
こういうお店はずっと続いてほしいです。



Mt. Fuji hazeed in the clouds.


午後、友人と待ち合わせて、ソフトバンクへ行ったり、魚料理をたべたり、
あっという間に東京滞在が終わりました。
次は9月初め。
母の無事を祈りながら新幹線から観る富士山は平和そのものと感じました。
暑い中、また毎日のルーティンに戻ります。
皆様も酷暑を切り抜けますように。
この風景好きです。
浅草寺と東京スカイツリーとう○こビル、おっと失礼、アサヒビールのビル。


At Asakusa area, we can look at Tokyo sky tree tower, Sensoji temple and Asahi beer building. It is not huge poop, it visualize beer bubbles.
その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

箱根で弟と


Hakone Venetian Glass Museum


本来なら、家で母とまったり過ごすところ。
再入院してしまった上に、面会ならずでなす術がありません。
母が戻ってきたら、弟は張り付いて頑張ろうとしています。
弟は箱根のFujiya hotelで昼食したいと。
そんな高級なのはダメダメと却下しました。
自分が奢ると。
では行こうと、予約? するよー、とちゃっかりした姉であります。

この日の予定が決まりました。
鈴廣で蒲鉾の見学をする。
最上級の蒲鉾を1本買う(私、払い)
箱根ガラスの森美術館へ行く。
その後、Fujiya Hotelのダイニングで昼食(弟、払い)
湖を海賊船で一周して、帰る。


高速はそんなに混んでいなかったので、あっという間に箱根に着きました。

箱根ガラスの森美術館。
ベネチアグラスと、私の大好きなアメリカ人のチフリの作品を展示してあります。
が、展示の仕方が魅力を伝えられていないし、土産物売り場の面積が
展示より大きい。
ガッカリです。
ついベネチアグラスの素晴らしさや、歴史文化を弟に熱く語ってしまう。



Lunch at the main dining in Fujiya hotel.
My brother invite me like these special lunch.


予約の時間より少し早く着いたので、ホテルの内外を見てまわります。
両親と弟はカレーを食べに良く来てたそうですが、
私はこのホテルのベーカリーに行ったことがあるだけです。
日本の三大クラッシックホテルに恥じないサービスと居心地感でした。
今回の滞在は結果、夏休みになったことを実感です。
今までは母も一緒に来れたのにと思うと、やはり悲しいです。
お値段もかなりのものですが、全ての料理がうーんと唸るほど美味でした。
弟に感謝。


Fujiya Hotel in Hakone, Japan. It is one of three major classic hotel in Japan. Fantastic!


私は滞在中、弟が支度する朝食以外は弟と外食や買い食しています。
丸亀製麺では、弟は狂喜乱舞。
ペコちゃんの不二家レストランで子供とお母さんに優しいサービスを感じる。
イタリア食材店ピアッティのハムとルバンの塩の少ないバケットの見事な調和
食のバラエティはもちろんですが、食を提供する側の素晴らしさは共通することがあると思います。
揺るぎないコンセプトとサービスの軸。
一食が数百円であっても、万以上するものであっても、揺るぎないものの上下がない。
食べていて強く感じました。
母がもう口から食べられないというのに、娘は食を楽しんでいます。
ごめんなさい。私は健康寿命を伸ばすから、許してね、お母さん。
その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

母に寄り添う


Inokashira park in Tokyo


母の再入院。今回の上京ではすんなり会うことが出来ました。
やっと帰宅出来たというのに、大量吐血で病院へ舞い戻り。
弟も相当疲れています。
母の部屋に入ると、まだ異臭の取れない部屋から当時の惨状が伺われます。
救急車と消防が来て、医師と看護師を含めて12人が対応したといいます。
適切な手当てのおかげで、翌日の母は「やだねったらやだねー」
などと軽口を叩いたのですから驚きます。





I made sandwiches with Italian raw ham and rucola for my brother.


今回の上京は、頑張ってくれている弟のお疲れ様も少しできたら
嬉しいです。
目黒区駒場にあるピアッティさんで、イタリアンサンドイッチの
美味しい作り方を教えていただき、お勧めのハムをスライスしてもらいました。
また、これに合う塩気の少ないパンはルバンさんがいいよと。
ルッコラも買って今日のお昼につくりました。
この3つだけです。オリーブオイルも調味料も使っていません。
なんと深い味わいだったことか。
お勧めです。



Life is so short and beautiful. My mother could stay at home only 10 days and enter hospital again. I really hope that Mum will be able to come back home and spend final days.


母はナースステーションに車椅子に座っていました。

今から帰るの?と母。 病院の図らいで、談話室で少し話せました。
母はしっかりと私のあげたピンクのスオッチをしています。
きっと病院の心配りでしょう。 痴呆は進んでいるものの、誰がくれたの?と聞くと、
さっちゃん!とはっきり答えます。
時折、子供のように涙目で口をへの字にして、帰りたいと言います。
今ね、お母さんが帰ってこれるように家を整えているから
少しの間我慢してね。
うんと言うものの、また同じことを繰り返す。
切ないです。9月初めには帰宅予定です。
とても、難しい局面ですが、私は願います。
まず母の帰宅。
そして弟の運転する助手席でドライブが好きだったから、
新車が納車される9月にそれを実現したい。
そして病院ではなく、自宅で最期を迎えること。
母が寂しくなく、苦痛を感じることなく逝けますように。
どうかどうか、天に願いが届きますように。
その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

断捨離 レコード編


couscous with fish carry


梅雨明けと同時に我が家のエアコンは命を吹き返しました。
三日間、電源を入れなかったのが良かったのか良くわかりませんが、
エンジニアに診ていただいたら、なんとも無かったと。
なんと!!
フェイスブックの友人たちの提案により
氷枕、ミント油に今流行りのミニファンで乗り切りました。
途中シッカロール(懐かしい昭和の響き)も出動して、
案外気分よく過ごせたものです。

昨晩は久しぶりにサバカレーとクスクスを食べ、いよいよ真夏が来たっというところ。



In the air conditioner. Sweat?


さて、エンジニアさんの横で私はレコードの断捨離をしていました。
遂にレコードとお別れです。
青野健と私が持っていたレコードはLP, EPなど全部で116枚ありました。
それを買取に出したのです。
捨てるにはしのびなく、現在ではもうCDにさえないのもありましたが。
えい、やっと。
今のデジタルの音では味わえない音質には後ろ髪引かれました。
なるべく荷物を少なくして過ごす、これがこれからの私の生き方です。
とはいえ、物の多い家です。
どこを減らしたの?と聞かれてしまいそうです。
レコード買取の査定は?605なり!
驚きの値段ですが、どこかで生きていたらそれでいいとしました。



119pcs records at home. I sold them all as Danshiro. Danshari is a Japanese concept that is getting popular. It means cleaning or tidying up and Stare at what you really need.
その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

母のために(2) やだねったらやだね


What’s this? It’s blue shirk for my mother.
Big and soft must protect my mom’s skinny body.


母が退院して帰宅して一週間。
元気だったのは初日だけ。
肺炎、嘔吐、吐血とえらいことになっていました。
弟は眠れないで、頑張りました。
明け方、病院へ入院。

私はかねてから目をつけていたIKEAのサメを引き取りに神戸へ一走り。
1メートルある大きな青いサメはスゥエーデン語でブローハイというらしい。
いわば抱き枕系。
これを母のために第二弾として、準備。
これはちょっといい子ぶりっ子。
本当は私が触りたい。




Finally at home! 1metre shirk heals me and must heal my mum too.


助手席のサメ、ブローハイはまったりと窓の外を眺め、帰宅後はのんびりしています。


病院の母とテレビ電話にして話したら、落ち着いていて、口調ははっきりしている。
私の上京を楽しみにしていると。
お母さん、大変だったね、というと。
のたまいました。
やだねったらやだねー。

私があげた退院祝いのピンクのスウォッチは?と聞くと、
病院で付けるリストバンドと一緒にしていて、ほれと言わんばかりに見せてくれました。

神様お願い。お母さんが苦しまずに命の灯しを消せますように。

コロナで、会えないから、小康状態になったら帰宅できますように。



Blue shirk of IKEA and I.
お気に入り | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

母のために 練り切り初挑戦


I made Nerikiri for my mother. Wagashi is one of the Japanese traditional confectioneries, that is served with Japanese green tea. Japanese sweets are typically made of rice, wheat, red bean paste, and sugar etc.


母が曲がりなりにも退院して、毎日の弟の奮闘、
訪問してくださる医師、看護師、ケアしてくださる方々、
頭が下がります。
母の望み、お家に帰る!これを叶えてあげられたのが唯一の親孝行です。
毎日いろんなことが起きて、弟から連絡が入ります。

大変や。

青野健が、いよいよ危機的な時言った言葉。
思いもしなかったんだもの。
その言葉が不思議に暖かく感じたのを思い出しました。

今日は久しぶりに何の用事もない休日。
お母さんのために、練り切り作ろうと。
初挑戦です。上手くできたら目黒に送ろうと。
ところがね、難しいなぁ。色の入れ方とか。
初挑戦は練習に留まりました。
実家に電話すると、母は寝ているらしい。
起きてたら戦場と化したキッチンと、練り切り見せられたのに。
今度はもう一つ上手く作るぞ!
「う」のもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

Yummy! 大なり小なり


Dainari Shounari -Inari rice ball cafe


前日、お稲荷カフェ「大なり小なり」さんのお知らせに心浮き立ちました。
こんなに美味しそうなお弁当が750円ですって?!
行かなきゃソンソンです。
会社の同僚も誘い本日行ってまいりました。
せっかくだから、お味噌汁もつけて。
この大きさでサイズ小!
わぁ、食いしん坊の満足度はうなぎ上りです。
最後はハンサムさんの淹れるコーヒー。
酸味は好きですか、などコーヒーの好みまで聞いてくれるのですよ。

この場所で楽しい企画ものも少しずつ前進している模様。
コロナなんてうっちゃって、ワクワクしながらお稲荷さん作る
Chie Yamadaさん、素晴らしいです。

ご馳走さまでした。 みんなで、行こうね。


お土産買っちゃった。明日たべるの。

Dainari Shounari Inari rice ball!
yummy!
大なり小なり
大阪市西区新町1-33-16
ごはんカフェMuさんの中で営業中
平日18:00-22:00
土日祝11:00-22:00
*週末の営業は今のところ流動的みたいです。
「う」のもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -