青野健美術館への道

わき目ふりふり
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

今月の1枚更新しました!  黒い犬ティティウス

ティティウス3
2000.8健スケッチ”ティティウス”


今月の1枚更新しました!

今回の作品は黒い犬「ティティウス」です。


2000年夏、ボネ夫妻の夏の家(フランス、メジェーブ)に滞在

した時は、ポター夫妻と愛犬ティティウスも招待されていました。

この黒い犬、青野健の琴線に触れた犬だったんです。

なんと言っても泣き虫です。 大きい犬なのにすぐフェ〜ンと

泣くんです。 たくさんスケッチしていたなあ、と思ったら作品

になっていました。


どうぞ、水墨画になった泣き虫ティティウスをご覧ください。

画面右上の緑の「まったり健さんマーク」をポチっと押して、

青野健遊びの水墨画サイトのトップに行きます。

メニューの中から「artwork」を押していただくとが現れます!



ティティウス1
このスケッチが水墨画になっていますヨ。(^o^)丿



ティティウス2
モンブランを見ても啼く・・・ふぇ〜んふぇ〜ん・・・

あーん、うるたい!!!! et k



お豆腐「安心堂」さんから教えていただいたメニュー

アゲグラタン1


油揚げを甘辛く炊いておいて、グラタン皿にしき、玉ねぎやしめじ

をのせて、チーズをかけます。すると・・・・


あげぐらたん2



おいしいお揚げグラタンのできあがり〜。

安心堂さんのお豆腐は梅田阪急阪神百貨店の地下で買えます。

安心堂のおとうちゃん、おかあちゃん、いつもおいしいものを

ありがとうございます。
kenの小話 | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | - | -

冬支度・・・うぬぼれの伝染

roses1


音楽会が終わって心地良い疲れが・・・など言っていられない

ワタシです。 仕事はいつものようにあるし、家事はたまる一方。

久しぶりの2連休でまずは植物の冬支度を整えようと・・・


薔薇の植え替えは初めてですから、まずpoan-de-kibunの

かな。さんへ電話します。


 おはよー! これから植え替えするんだけどね、

 まだ、しなくてもいいよ。

 へっ? だってかな。さんのブログで植え替え終了したって。

 あれはねえ、1週間ほど家を離れるからやっとくだけ。


そーなんや。 と、コツをいろいろ、ありがたくわかりやすい説明

をしてもらいました。 まずは蘭や盆栽、牡丹などから始めます。

青野健がいなくなってずっとほたらかしでしたから、根がまわって

います。 すごい。 抜けない!! これで大方エネルギーを使い

果たしました。 さて、薔薇・・・


roses3



わあ、たくさんあるなあ。 そうや、花があるのは終わってから

にしよう。 それでいいと教えてくれたし、今日全部やる必要は

ない。


roses2



これで、いいや。 あと4鉢の薔薇はもう少し後で植え替え

することにしました。



 ところでね、このブログを書いているのは翌日の

日曜日です。 今日はこれから土など持って、友人宅へ

薔薇の植え替えに行ってあげます。 ま、はっちゃんは

教える立場にもなるっちゅうことで、いやあ、忙しいですワ。

バコッ!!
あ、イタッ。だれや? 後頭部ぶったん?

k。 俺や・・・はっちゃん、エエ気いになってたらあかんデ。



■青野健の小話コーナー

健の渓流釣りの師匠はエッセイストであり、長良川を守る運動を

していらっしゃる天野礼子さんという女性です。

著書「あまご便り」(山と渓谷社)の中に「(有)釣の友」という章が

あります。そこででてくるおじさんとは青野健のことです。詳しくは

ご著書に譲ることにして、

健が初めて渓流釣りの一種「てんから」を教えてもらうべく川へ

天野さんに連れていってもらいます。そこでもとんでもない

エピソードがたくさんでてくるのですが、釣行後間もなく健は

「ボクのてんからの弟子でんねん」と自分の弟子を紹介して

あきれられるという話があります。

うぬぼれって移るんですかね?

kenの小話 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

涙ポロポロ




東京は外苑前の銀杏並木です。
東京はざあざあ降り、時々小雨。
目黒の実家から青山通りを走り、半時間ほどで、新宿区四谷にある
東長寺に着きます。 青野健のお参りにやってきました。



山門から本堂を眺める



たくさんの菊が参拝者を出迎えます。


両親と弟とは、ここまで。
新宿の伊勢丹まで送ってもらい別行動になります。
因みにここまでの写真は弟が私iPhoneで撮ってくれました。

東京の伊勢丹は健も大好きでした。 私も子供の頃からここが好き。
全てのものが目に毒です。参っちゃうなー。
あ、時間です。





ここは御茶ノ水駅。 五分ほど歩くと池波正太郎はじめ、
多くの文化人に愛されている山の上ホテルに着きます。





池波正太郎のもとにいらしたエッセイストの佐藤隆介さんの奥様、
幸子さんのお別れ会に伺います。

幾度か食事をご一緒し、お会いするたびにサイダーみたいな方だなぁと
思っていました。さっぱり辛口あと味すっきり感という印象の女性でした。
ご夫妻ともに食べること飲むことが一級だと感じていました。
そして、心優しい強面の隆介先生の愛妻でいらっしゃいました。
抑えられないほど泣いてしまって、
先生はお困りになったと思います。
帰り道、何度も深呼吸してやっと収まりました。



銀座 松屋



銀座 和光



銀座 ミキモト


俺、東京すきやもん。

そう言って、健は上京の際は銀座ぶらりを楽しんでいました。
私も健を偲び、実益も兼ねて銀ぶらです。
後のことを考えず、財布の紐は緩みっぱなし。

健が亡くなってしばらくした時、隆介先生から手紙を頂きました。

頑張って生きろよ。

その言葉が、どんなに励みになっているか。
どうか、奥様の分、健の分までお元気でいらしてください。 合掌




kenの小話 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

青野健 三回忌

 馬主席
2004 甲子園競馬場 馬主席  当てまっせー!


2年前の今日10月18日は日曜日でした。 柔らかい陽射しが差し

込む病室で家族、友人に見守られて青野健は逝きました。

本日のブログは青野健を偲びいくつかの写真で綴っていこうと思い

ます。 テーマは 「& KEN 」 最初の彼の個人事務所の名称ですが、

健のお気に入り、何かとボク・・・ではご覧ください。


えびす
2004 戎さんにて 綺麗な福娘さんと
 「はっちゃん、はよ撮って〜」



カジノ
2004韓国 ウォーカーヒルホテル内のカジノ入口
「ひとつよろしゅうに」



どじょう汁
2005韓国 とある、どじょう汁屋。 健の大大大好きな食べ物。




ペンネ
2009年7月 はっちゃんのおともらちペンネは健さんのおともらち。




いーくん
2006年1月31日 池袋三越 個展会場にて
チビチビはおもろいな。 (子供代表:いーくん)



2004年東京都目黒区中目黒「現代彫刻美術館」にて

はっちゃんの実家のそばで、オサンポにきました。

ここからは東京タワーも綺麗に見えるんですよ。


くるくる健さん (石がゴーと音をたてて廻ります)
目黒1

目黒2

目黒3
スト〜〜〜ップ。 これ、おもろいな。



そして・・・

ぶーちゃん
2005 健(影)とぶーちゃん


合掌
kenの小話 | permalink | comments(10) | trackbacks(0) | - | -

551・・・青野健夏祭り!

アイス551


大阪でお馴染の「551のアイスキャンデー」です。

551・・・ごーごーいち、と読みます。

前から食べてみたかったんだ〜。 関西に嫁いで20年近くも

たつのに一度も食べたことがありません。 じゃ、買ってみよっか?

6本以上買うと、箱にドライアイスをいれてくれると言うので、

そのように頼みました。


アイス551−2


こんな感じ。 マンゴ、ミックスジュース、小豆、いろいろな味が

あります。 さっそくお友達のお家にお邪魔して食べました。

ゴージャスじゃないけど、懐かしい味。


さて、この551はテレビコマーシャルでも有名です。

吉本興業の芸人さんが、「551のあるとき〜」で、

がははと笑って 「551の無い時〜」でがっくりする、

というわかりやすく庶民的な映像です。



では、ここで青野健さんに登場してもらいましょう!

   イエイ・・・


健さーん、はい、551のあるとき〜

ぶーがいる時


551の無い時〜


ぶーがいない時
2006.8.10自宅 ぶーちゃんを抱いて


  はい、おしまい。 あーりがとさ〜ん。

k は、はっちゃん、俺に何させるねん。 かなんなー。
kenの小話 | permalink | comments(7) | trackbacks(0) | - | -

青野健氏&幼な妻と語る夕べ

3月3日から7日までは、青野家ハッピーウイークです。

ブログでプライベートを語るのは時として、躊躇することも

あるんですが・・・今日、結婚記念日のことを書くのはこれが

最初で最後でしょうから発表させていただきます。


始まりは・・・1993年の年賀状から。

年賀状
(デザイン:青野健)


こんな年賀状が届いた健の友人・知人のみなさんは驚かれたでしょうね。

わたしは、こんな年賀状が出されていたなんて知りませんでした。

えらい恥ずかしい気持ちになったのを覚えています。 

ちょっと、やりすぎなんじゃないかと思ったのです。

そしてもっと驚いたのは、どんどん結婚パーティーの計画が友人によって

進んでいたことです。 手元に当時のファイルがあるのですが、まるで

会社の企画書みたいです。 マル秘の印も押してあります。

ちょっと、おおげさじゃない?

実行委員(と呼ばせていただきます)のみなさんが企業の宣伝や企画

総務などにいらっしゃったのも確かですが、この機会に大人の遊び

として楽しんでいる風を感じました。


招待状
(デザイン:田中庸也)


招待状はたいやき型でした。 いつみてもかわいいなあ。 

場所は曽根崎新地にある外壁がガラス張りの大きなレストラン

「ランゴスタ」でした。今はもうありませんが、ここに170名の御客様

が来てくださったのです。


結婚式2


会場の大きな看板や、駅から誘導するために、街の角にこれと同じ

デザイン看板を持った有志サンドイッチマンが立ってくださいました。

司会は現在も関西のラジオパーソナリティーとして活躍して

いらっしゃる 小山乃里子さん がお引き受けしてくださいました。

健の友人でもある小山さんは、初めて会場で会うなり

「やめるなら今やでえ・・」と笑って言われました。 

思わず私も噴き出しちゃいますよ。 ぷぷぷぷぷ・・・・

こんな強烈な関西パワーの挨拶はパーティー中ずっと続きます。


結婚式1


レストランの一角に舞台まで仕込むほど力の入った会場ですが、

やはり関西のみなさんの吉本顔まけのジョークの嵐の前には

かすむほどです。 それにプロの歌あり、くじ引きあり。 合唱あり。

この写真は義父、青野馬左奈が挨拶をしているところです。

「えー今日は、 若い二人のために ・・・・」

ここで会場から

「どこが若いんじゃあ〜〜〜〜!!!」の爆笑とかけ声。

思わず小山さんも後ろを向いて笑っていらっしゃいます。

青野健氏(59歳)&幼な妻(????34歳)ですからね。


友人の挨拶も凄かったです。

「わたしは仕事柄たくさんの結婚式に出てまいりましたが、
 このように、葬式と結婚式が近いパターン
 
は初めてであります。」

またまた会場からどおーっと笑いがわきます。


関西以外にお住まいの読者のみなさんは驚かれるかもしれませんが、

の友人知人のみなさんは初対面でも私を「さっちゃんやね」と

浪速の愛で迎えてくださっていました。

以来、関西で「奥さん」と呼ばれることは稀です。 健の前宣伝も

あったにしても関西っておもしろいですね。

す〜っと馴染んで今年で19年めの春です。 

kenの小話 | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | - | -

青野健 生誕77

ken1


みなさんこんにちは、ボク青野健です。

今日はボクの77歳の誕生日。 今は雲の上にいますんで、

みなさんとパーチーできひんのが残念ですわ。

77ってラッキーセブンのダブルでっしゃろ?

はあ〜、今、馬券こうたら大穴いけるやもしれまへん。


渓流が解禁になりまして、ボクの季節がやってきたんやけど、

こちらの川は1つしかありまへん。 三途の川ゆうて、なんや

辛気臭い名前やねえ。 そやから思い出の釣行をひけらかせて

いただきます! はっちゃ〜〜〜ん、マイク代わってえ。



 はい、はーい。  2000年9月イギリス、ダービシャー州の

ダブ川(DOVE)へ行ったこと自慢すればええんやね?

最後に恥かくで・・・。


dove1


ロンドンから北へレンタカーを走らせ、地図と格闘して、

途中アッシュボーンの街の郵便局で釣りのライセンスを買い

アイザック・ウオルトン・ホテルに到着しました。

たった2日の滞在ですけど、はたして釣果は?


dove4


イギリスの川は貴族の持ち物が多かったりしますが、

ホテルの近くのここはナショナルトラストの管理区域です。


dove2


青野健といえば、早朝からそわそわ

イギリスの釣りってことで、一応ネクタイなんかしちゃって、

帽子も英国製で気合い十分。頑張ります!


 みなさん、ボクが ダブ川を案内しま〜す。

dove3


こっち、こっち・・・フライフィッシングの竿も持ってきたけどな、

やっぱジャパニーズは「てんから」やで。 うひひひ・・・


dove6


最初はフライでいきまっせー!!

日本の川とは様子が違うな・・・・


dove5


はっちゃんもがんばってしおし・・・・


結果報告 1日目ボウズ(釣果なし)、2日目ボウズでした。

レンタカー代、ライセンス代、ホテル代、まずいホテルの夕食代、

経済考えたらダメですね。 英国の風景を満喫したと言えば

綺麗ですけど、やっぱり釣り師は釣れなきゃ面白くない。


でも、ま、いいか。 帰国してからどんなにダメだったかを

友人たちに酔っ払いながら話すの表情を見ていたら

まんざらでもありませんでしたから。


ありゃ、飲み過ぎてもう眠いの?  ちょっとふとんまで頑張ってよ。


ken2


すみません、ご挨拶もせずに寝てしまいました。

さん、いい夢みてね。 おやすみなさい。
kenの小話 | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | - | -

渓流釣り解禁間近! 今月の1枚更新

たも


3月を目の前にしてそわそわするのは青野家恒例です。

3日雛祭り

4日はっちゃん誕生日、5日青野健たんじょうび

6日結婚記念日、7日有限会社ケンオフィス設立記念日、と

お祭り週間だからです。

ですが、健がそわそわするのは渓流が解禁になるからです。

釣り師として、準備に余念がありません。

毛針を巻くのを頼んだり、釣行する友人を捜したり、ようは

自分では何もしないで他力本願の釣行準備に必死のパッチです。

幸せな人でした。


今月の1枚は解禁にちなみ「山魚女」ヤマメにしました。

言葉は「山魚女を釣りに行く  少年の日に会いに行く」

青野健が愛した言葉の1つです。

たしかに山に入ると、生き生きしていましたね。

釣り、山菜摘み、・・・ビール、てんぷら。

健の好きな世界が渓流にはありました。

右上の緑の健さんマークボタンをポチッとおして、

青野健ホームページへ、artworkをポチッとおして、

ご覧ください! よろしくお願いします。




とげとげ物語

ばら


薔薇の芽がたくさんでてきました。

ちいさくても、もうとげとげが痛いです。


さぼてん


サボテンも10年以上寒さに耐え3種仲良く育っています。

このとげとげもかなりきついですね。(椅子制作:健)



恒例女子会・・・ストレスは「とろろ」に巻いちゃえの巻

とろろ

仕事上のストレスはとろろごはんでねっとり巻いてお腹に

納めちゃいましょう、とばかりにマドモアゼルNを招いて

気軽な夕ご飯でっす。 久しぶりのマグロの竜田揚げが美味しかった!
kenの小話 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

パリで大雪!

カレンダー


12月9日パリで大雪が降ったそうです。

えーもう? と驚いているところにオーストラリアの友人から

カレンダーが届きました。 そちらは夏ですか?

Mr.T Sとは今をさかのぼること18年前、と行ったモルジブで

知り合いました。 そう、こちらはハネムーンです。

当時フィリピンの企業に勤めていた彼はシンガポール人です。

私が独身の頃、シンガポールで仕事していましたから共通の話題から

仲良くなり、一緒にシュノーケリングをしたり、アペリティフを

楽しんだりしたのです。 それでも数日のこと。 それだけでこんなに

やりとりが続いているのですから、出会いは不思議ですね。

今はオーストラリアに住んでいて、怪我しながらもバイクに乗る

愉快なおじさまです。

さて・・・

モルジブは私にとっては通いなれた夏の民宿みたいな場所です。

そこはスリランカの南に点在する美しい島々です。

それでモルジブのことをつどつどにはなしていたら、


K 俺も行きたい。 波打ち際までエイがくるんか見たい。


わかった、じゃあ行くかとなったわけです。 

朝、レストランの顔なじみのボーイさんが私におずおずと聞きました。


 サチコ、僕がより良い仕事をする上で聞くけど、
その人お父さんか
(名前、覚えられている!)


私が夫だと答えると

そのボーイは踵を返して仲間のところに戻り説明。

その後何人ものボーイに、本当かと聞かれました。

(健とは25歳ちがいますからね、驚くのも無理はない)

なぜ彼らがこんなに気易いかと言えば、ある時の滞在中に彼らの試合を

島の小さいサッカー場へ応援に行ったことがあったからでしょうか。

応援の人数、推定45人。 サッカー場は島の真ん中ですが、左右には

海が見えています。  一周しても7分かからなかったなあ。 

モルジブでの健の楽しみ方:
1.毎日パンを桟橋でまいて魚を集めること。
2.はっちゃんに手をひかれて、沖まで連れて行ってもらうこと。
3.写真撮影はフィルム1本に白い蟹、もう1本に蝙蝠をとること。
4.コテージの前、灼熱のもと膝かけと帽子、サングラスで読書
  すること。(夜は大変!ほてって寝られない。それでもまた・・・)
5.会う人にはいつもハバーナイスデイということ。
  (Have a nice day)



厚揚げ


話かわって、これは安心堂さんの厚揚げです。

以前ブログにのせたことがある、美味しいお豆腐屋さんです。

おととい、ふわふわのお豆腐や、ごまのお豆腐、豆乳など

たくさん送ってくださいました。 ありがとうございます。

そこにホームページ開設のお知らせがありました。

おいしそうなものがいっぱい載っています。

いちど、ご覧になってみてくださいね。

安心堂 白雪姫
http://www.shirayuki-tofu.com/


kenの小話 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

今月の1枚更新しました!

健とイー君


どうも、どうも、皆さんお久しぶりです。

ボク、青野健と友達の甥イー君ですわ

はっちゃんの声は状態がすこぶる悪く元気ないので、

景気づけに ぱあ〜っと 出てまいりましたっ!

それにしてもやね、肩車にこの子協力せんのですわ・・・

顔つきもすわってて、将来えろうお人になるやもしれまへん。


みなさん、きょうボクのホームページ見てくれはりますか。

1枚の絵更新しはったって。 蕪の作品、おいしそうやで。

一人で初めて作業したそうやけど・・・

はっちゃん疲れ果てて、今いびきかいて床に寝てますわ。

かなんなあ・・・


干し柿


干し柿、こんな具合ですわ。

手え出したら、ぴしゃあって叩かれました。

ではよろしゅうに。 


kenの小話 | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | - | -